« 北海道2011「6日目」穏やかな一日 | トップページ | 北海道2011「8日目」ゴールの網走&花火大会 »

2011年7月30日 (土)

北海道2011「7日目」美幌峠

北海道2011「7日目」美幌峠
北海道2011「7日目」美幌峠
北海道2011「7日目」美幌峠
北海道2011「7日目」美幌峠
北海道2011「7日目」美幌峠
昨日は更新できずご心配をおかけいたしました。m(_ _)m
昨日は美幌着としていたのでなんと嬉しいことに初日、2日目と大変お世話になったTさんが出迎えて下さり。やど到着後23:00まで食べたり飲んだりしていました。ちょっと飲みすぎたかな。f^_^;
と言うことで部屋に帰ってきてそのまま寝ちゃいまして…。
と言うことでした。
一言今日は更新できませんとUPしていればよかったのですが申し訳ありませんでした。以後気を付けます。
さて、昨日の記事も更新できていませんし、昨日のことですが今日はと言う書き方で進めさせていただきますね。
それでは、昨日を振り返ります。

今日宿泊したピュア・フィールド風曜日さんですが摩周湖の手前にあって全室バリアフリー対応ということで2階がありません。一室一室がとても広くて家庭的な雰囲気のとても居心地の良いプチホテルでした。昔はハンドサイクルのキャンペーンの為にこられた皆さんもここに泊まられたとのことでしたが、近くには摩周湖、阿寒湖、屈斜路湖があるとても良い立地で車椅子利用者の方のリピーターや、連泊などをされる方も多いみたいです。道東のこの辺りの観光をするなら是非お勧めいたします!(^_^)v
そんなホテルをご夫婦2人できりもみされているのですが今朝7:00のチェックアウトの際に日本一周のきっかけを聞かれ結局7:30頃の出発となりました。でもこの30は私にとってはとても貴重な時間となったのでした。お互いにうるうるしてしまう場面も…。また、お会いしたいなぁと思える雰囲気の中、出発しないわけにも行かず宿を出発しました。今朝は6:00起きでしたね。
今回は宿繋がりで泊まるところが上手く決まっていったのでとてもありがたかったです。
そしてここでも美幌の方を紹介していただきすんなりと宿が決まったのでした。

さてさて今回のメインの目的2つが完了しているので今日はのんびりゆっくりと美幌峠を堪能するために、摩周湖、阿寒湖をまたの機会にすることにして今日は約60kmの道のりを楽しむことにしたのでした。最初の30km位はなだらかな登りで美幌峠までの8km位からいきなりきつくなる感じなのですが斜度はそんなに感じなかったので、ただひたすら漕ぎ続けるのみ。約2時間で峠についたのでした。その間ゴマフアブさんの群れが何度となく襲撃してきたのですが、やはりハッカ油の効果は絶大で一ヶ所も刺されずに済んだのでした。ただハッカ油の持続効果は30分の様で効果が切れそうになるとゴマフアブさん達が寄ってくる…。更に噴射の繰り返しで乗りきったのでした。美幌峠の展望台は飛行機が着いた初日の夕方に、ヤマカズさんと共に少しの時間だけTさんに連れてきてもらったのでここでは豚肉唐揚丼を食べて12:00から13:00まで少し休憩したのち峠を後にしました。キツイ弟子屈方面からのコースだったので登りがいもあり楽しい峠攻略となりました。

ここからの下りは何時もの事ながらあっという間で風曜日さんでご紹介頂いた農園にもご挨拶に行き更に美幌市街地に近づくとどこかで見たことがある方が前方で立っていて…。Tさんでした。何でも私が美幌峠を登っていうるときにTさんのお父さんが私を見たことをTさんに伝えてくれたらしく、美幌入りする私を待っていてくださったのでした。
お家の農園にもお邪魔して30分位色々なお話をしたのち夕食を一緒にと言うことになり一旦別れて、私は宿へ。18:00に宿まで迎えに来ていただき先ずは、風曜日さんお勧めの「そばのかね久」で賄いそばだったかな。かわった食べ方のそばだったけど無茶苦茶美味しかったです。そして食べ終わると直ぐにTさん行きつけの飲み屋さんへ。結局閉店の23:00までiPadを見ながら話も盛り上がり楽しい時間があって言うまに過ぎてしまったのでした。Tさん美幌でのお出迎え有難うございました。あのサプライズには本当にビックリしました!(*^o^*)
明日は女満別で花火大会があるようです。時間が合えば行きましょうとのことで明日も楽しみです。
本日の走行距離 63.16km
本日の実走行時間 6:19´03
総走行距離 14921km

|

« 北海道2011「6日目」穏やかな一日 | トップページ | 北海道2011「8日目」ゴールの網走&花火大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北海道2011「6日目」穏やかな一日 | トップページ | 北海道2011「8日目」ゴールの網走&花火大会 »