« 2010年11月27日 | トップページ | 2010年12月2日 »

2010年12月 1日 (水)

今朝の夢に感激涙涙涙(^^♪・・・『こぶたろうラブソングを唄う女の子』

今日は早く記事を書きたくて朝からそわそわしっぱなしでした!!(*^_^*)

タイトルがちょっと恥ずかしいですけどね。

それにしても今朝見た夢は永久保存版にしたVDVが欲しいくらいですね!!

久々の『こぶたろう夢』最高でした!!

こぶたろう夢といえば以前、USJのアトラクションとして『こぶたろうの旅』というアトラクションを体験するという、これまた夢だよなっていう素晴らしい夢を見たことを思い出しましたが、今回は更に、レア夢ということで、起きた瞬間から、というか夢を見ながらと言うか泣いてました。(^^ゞ(恥)

まさか、自分の名前が出てくる歌を唄っていただけるとは、夢にも思っていませんでしたから、というか、これが夢か・・・。ははは(笑)

と言っている間に本題に入ったらいいんですよね。

今日は起きる前(6:45~6:55)のほんの5~10分位の出来事だったんじゃないかな。

夢の設定は、快晴の午前中の一幕かな。

夢の中でこぶたろうは、熱にうなされながらも、カーテン越しに見える快晴の青空が見たくなってベランダから空を見上げる。

すると真っ青でとても爽やかな青空に綿菓子のような白い雲がぷかぷかと。

更に上を見上げると、屋上にたくさんの真っ白なシーツが所狭しと干されており、風になびいてとても気持ちよさそう。

その物干し竿の2本だけが屋上から真横に外に4mほど突き出しており、そこにはその4mの物干し竿だから干せる、特大のシーツが2枚干されている。まるで帆船の帆のようにとても大きくなびいている。

その竿に若い夫婦と5歳くらいの女の子が日向ぼっこしていて、一本の竿の中央に座っている旦那さんが大の字になって快晴を満喫。奥さんは高いところが苦手なのか、もう一本の竿の建物側でくつろいでいる。

すると5歳位の可愛い女の子が、お父さんの座っている竿の上に、これまた真横に伸びている4mの竿に登ると、タタタタタタと4mの竿の端まで走り(まるで宮崎アニメを見ている感じ)、竿の先端で(お父さん見ててね)みたいな感じでニッコリ微笑むと・・・なんとそのまま竿の端から、飛んだ。(危ない!!)

と、こぶたろうが見ていると、一瞬ふわっと浮き上がり徐々に加速して地面へ・・・。

一瞬微動だにしなかったが、次の瞬間何事も無かったかのように起き上がり、無邪気に、無傷で、その場を走り回って、はしゃいでいる。

と、いきなり場面が変わり、昭和の雰囲気が漂う、丸いちゃぶ台や、ダイヤル式のBOXカラーテレビや、いかにもレトロなタンスが並ぶ六畳程の居間の中心で、大きなマイク(昔漫才で使われていたようなスタンド付きのマイク)の前に立ち、その5歳位の可愛い女の子が、ウクレレを弾きながら唄い始める。

たぶん女の子が飛ぶシーンなんかは、よくあるプロモーションビデオの設定の一部というか、コマーシャルで見る演出だったのかな。っていう感じみたい。

そうそう、あの宮崎アニメの『崖の上のポニョ』を唄っていた女の子みたいな感じの女の子。

その歌は、どこの町でも遭遇できそうな、ありふれた日常の生活をその女の子の子どもらしい素朴な目線で唄っているようにも見えた(聴こえた)が、最初のメロディ部分の4行の後、サビに入ったとたん、『こぶたろう』の名前がそのサビに含まれており!!!

唖然!!!

※と言っても夢の中の話ですけど。

それも4回も『こぶたろう』の名前が出てきた。という、ところで1番が終わり・・・と同時に、はっ!!と目が覚めた。

えぇぇぇぇぇぇ!!

えぇぇぇぇぇぇぇ!!

えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!

こぶたろうのために作ってくれた可愛いラブソングやん!!(*^_^*)

※ と言っても私の夢の話ですから・・・。(^^ゞ

と言うか、その歌の詩を改めて思い出して見ると、ある日その5歳位の可愛い女の子が街で偶然こぶたろうが走っているのを見かけて、なんと一目ぼれ!!

その一部始終を歌にしてウクレレを弾きながら唄ってくれたのでした。

もうその歌が、本当に子どもっぽくて、いい感じなんですよ。(^^ゞ

※ 何度も言いますが、恥ずかしながら私の夢の中の話ですから、堪えてやってください。(笑)

こんな願望があるのかなぁ???

というかここまで新鮮で、ピュアな、聴いた事がないメロディの歌に、うまくこの歌にはまりにくい『こぶたろう』という名前を自然に入れることができたな~って本当に感心、感激しているんです。

自分にこんな可愛い歌が作れるわけないし。

なんか本当に夢の中だけど、歌をプレゼントしていただいたような、素晴らしい気分で!!

ふと気付くと今日は12月1日師走なんですね。

この師走と言う雰囲気も、この歌を盛り上げてくれます。

この歌は忘れてはいけないと思い、夢から醒めた瞬間、いつも枕元においてあるノートに急いで書き写したのでした。

しかし、歌の始まりは、まさかこぶたろうソングだと思っていなかったので、初めの4行くらいのメロディは、覚えていなく・・・かろうじて4行目のフレーズだけは、こんな言葉だったかなという言葉を書き残して、こぶたろうが出てくるさびの部分は、完璧に4行のフレーズと曲調までしっかりと覚えているので今でも自分で歌えるんですけど、唄おうとすると嬉しさと感動のあまり、声が上ずってしまい唄えず・・・。(^^ゞ・・・恥・・・アホ。

メロディ部分の曲調はイマイチ覚えていません。・・・残念。。。

なんか、こう言う時に、この歌のメロディ部分の4行をサビに合わせて、5歳位の女の子目線で埋めてくれるっていう番組の企画みたいなのがあったら出してみたいな~って思うんですけどね。(^^ゞ

題して『私の歌をつなげて!!』係りまで。

みたいな番組やっていないかな~・・・。

そんな企画の中で、多数の応募の中から、本当に夢で見た4行のフレーズが奇跡的に出てきたとしたら・・・これ本当に夢でなくなるもんね。奇跡!!

今は思い出せないけど、たぶんもう一度聴いたら思い出せると思うんですよ。

あの夢の光景が蘇るというか・・・。

そしたら、あのポニョの女の子に唄って欲しいなって!!

ほんまアホ丸出しやな・・・恥恥恥(^^ゞ

そんな微笑ましいこぶたろうの今朝の夢でした!!

おしまい・・・。

※・・・その後、落ちがありまして・・・どうしてもその歌が頭から離れない状態で、お弁当を作り、朝御飯を食べ、歯磨きの後、ぼ~~~と顔を洗っていたら、首の筋を痛めてしまいました。とさ。。。

こぶたろうのラブソングはこんな感じ。詩の内容は恥ずかしいので書けませんが・・・(^^ゞ

1番

メロディ

□□□□□□□□□□□□

□□□□□□□□□□□□

□□□□□□□□□□□□

△△△△△△△△△△△△

サビ

○○○○○○○○こぶたろう

○○○○○○○○こぶたろう

○○○○○○○○こぶたろう

○○○○○○○○こぶたろう

□・・・思い出せない部分

△・・・雰囲気的に覚えている部分

○・・・完璧に覚えている部分

サビと、メロディの一部のリズムは覚えています!!

本当に今日の記事は馬鹿丸出しでごめんなさい。

でも本当に嬉しかったです!!

ありがとう!!!

| | コメント (4)

« 2010年11月27日 | トップページ | 2010年12月2日 »