« 2010年11月23日 | トップページ | 2010年11月27日 »

2010年11月25日 (木)

第41弾最終日『夜走覚悟の海岸コース!!』

さてさて昨日は、帰宅も遅く記事が書けず申し訳ありませんでした。

ということで、昨日の記事を書こうと思います。

昨日は、いつもの最終日としては、極めて珍しく、と言うか、最初で最後の最終日ロングランとなったのでした。

これまでは、帰りの電車の都合で、遅くても16:00には店に着いていないと、帰れないと言う状況が続いていましたので、それぞれ最終日までに距離調整、時間調整をして、最終日は、午前中までとか、遅くても昼一くらいに着く様に設定してきました。

しかし、今回は、宿の関係、距離の関係で日々距離を縮めることができない状態だったので、最終日は、ぎりぎり日暮れかなと考えていたのでした。

その中でも第40弾くらいから、今日のコース取りをどうしようかと迷っていたのでした。

大体は迷えるということは、やりたいと思った方をと言うのがこれまでの流れだったのですが、やはり時間がね・・・。夏場と違って日のでが6:30。日の入りが17:00。と言う中での話しなので難しかったですね。

まあどちらでもいいといえばどちらでも良かったんですけど。(^^ゞ

予定では、1日目~3日目までは80km。4日目が95km。という御坊市から国道42号線を通るという標準コースをたどる予定でした。これで日暮れギリギリなんですよ。

そこで、ずっと迷っていたのが、御坊市から有田市までの海岸沿いを走る県道188号線→県道24号線→県道23号線→県道20号線。まあ地図上で見ても明らかな大幅な遠回り。

しかもこれまで当たりが無かった、と言うか走行には向かない極めてアップダウンの激しい厳しい県道。時間がかかるのも承知ということで、やはり厳しいかなって。確実に夜走だよなって。

でもなぜか走りたくて、地図上では欲しいなということもあったのですが・・・。

岬つながりとまでは言いませんが、潮岬に行ったし、日の岬にもやっぱり行きたいかなみたいな。だらだら感で。

なので昨日の宿は、県道にも入れるように、西御坊に宿を取ったのでした。

まあこのときは、明日晴れて、気分が乗れば海岸コースと言うくらいでした。

しかし、この海岸コースがなんと厳しさは今まで同様の県道でしたがもう本当に最高のコースだったのでした。

それでは、昨日の振り返りです。(いっつも前振り長いって(^^ゞ(笑))

今朝は、5:15起床。6:15宿を出発。天気はまずまず晴れ。この時点で夜走確定。ということで海岸コースを走ることに。時間の関係もあるので日の岬に行くかどうかは、このとき不確定。国道コースなら和歌山城でゆっくり遊べたのだが・・・しかし、あわよくば日暮れまでに和歌山城にも行ってお城の写真を撮りたいななんて思いながら走り始める。

県道に入るとちょうどY字路があって、その正面に自販機が。

朝ごはんを買うコンビニにも出会えなかったし、この先の県道沿いではコンビにも無いだろうということで、その自販機で栄養ドリンクでも買って朝ごはん代わりにしようと眺めていると、異様な缶が、ジュースを売る自販機にはありえない代物が・・・。

カレーライス缶???

しかも120円。

えぇぇ~と驚きながらも、興味津々。

買ってしまいました。

これまでおでん缶と言うのは、知っていたけど、カレーライス缶って。

中身は本当にカレーライス・・・しかしライスの変わりに米粒大のこんにゃくが入っていて、あたかもご飯を食べているかのような食感でこれは凄いと開発者の想像力の豊かさに感動してしまいました。しかも温かいしね。火傷するほど熱くはないけど、本当にカレーライスを食べている感じで120円ながらボリューム満点だったし。これはこぶたろう一押しです。皆さんも是非御坊市に来ることがあったら試してみてくださいね!!

そのときは1缶で満足してしまったけど、後2缶ぐらい買っておけばよかった。

この自販機の持ち主にも感激、カレー好きなのかな。このちょっと視点を変えた発想はとても好きです。私も今後の参考にさせていただきます。

もしかしたらスーパーなんかにはあるのかもしれませんね。しかし自販機で売っているところがナイスです。たぶん釣り客が多いからのチョイスなんだろうな。あっぱれです!!

お腹も満たされて走り出してすぐに海が・・・。

しかも朝日がサンサンと輝いているではありませんか、しかもそこの雰囲気は南国。景色まで日本ではないような光景で、何枚写真を撮っても撮り足りないという絶景に中々前に進めず、日の出をバックに30分くらい朝日を眺めてしまい出遅れる。ここの朝日もこぶたろう一押しです!!むっちゃ綺麗です。『煙樹海岸』とありました。

そして7:30日の岬への分かれ道。約2km。日の岬の頂上を眺めてみると2kmであの高さまで行くんだ・・・と考えると相当きつそうなのは想像できたが、なぜか外せないなと思って登って見ることに。

7:55日の岬パークとある入り口のライオン像の前まで来たのでここが頂上かと安心したのもつかの間。そこから更にZ坂ならぬWZ坂がそれぞれ折り返しまでは短いのだが、見た瞬間登る気を失う景色・・・。

ここまで来たのだからと8:00に登りきると、頂上には国民宿舎があってその奥に、『日の山御崎神社』と言う真新しい鳥居の神社があり、旅の無事を見守っていただいているように思えたのでした。その鳥居の前でいつものようにグローブとヘルメット帽子を脱ぎ、ここまで来させていただいたことへの感謝の気持ちをお伝えし、この日の岬頂上の朝の気持ちよさを清々しく満喫していたところ、男性が声をかけてくださり、何と名刺までいただいたのでした。

その方は、この日の岬国民宿舎の支配人さんで、昨日の雨の中、御坊で私を見かけたらしく、珍しい乗り物だな~と思っていたらしく、まさかこの日の岬で会えるとはと、とても感激していただきまして、こちらの方こそこんな早朝からたくさんの元気をいただきまして光栄ですという感じで、私も嬉しかったので、支配人さんがVento号を体験しているところをパシャパシャと。日の岬まで上がってきて、本当に良かったなって!!

何よりここの景色が最高で、360度「うぉぉぉ~~!!」って叫んでしまうくらい本当に絶景なんですよ。こんなところがあったのかと言うくらい本当に最高の景色でしたよ!!

ここもこぶたろう一押しです!!

機会があれば宿泊してみたいですね!!

夜なんかは、満天の星空なんだろうな~☆ う~~!!

結局ここでも、居心地が良すぎてたっぷりと時間を取ってしまい、ドンドン時間が無くなっていく。でもこんなに素敵なら夜走も仕方がないかなって。

そうだ、この国民宿舎と風力発電の大きな風車のてっぺんの高さが同じなんですよ。しかも間近で。これまでたくさんの風車も見てきましたが、そのてっぺんの高さから、真横に見る風車ってちょっと感慨深いものがありましたよ。なんとなく得した気分になったりしてね。

更にここまで来たのだからと、灯台にも行って来ました。急な下りだったから戻りは少しVento号を押したりしながらね。

いや~ほんとに日の岬を満喫させていただきました。早朝から素晴らしい出会いもさせていただきましたしね。大満足です。

8:40日の岬を後に・・・。

ここで40分もいたんだ。(笑)

まだ走り出したばかりなのに2時間経過。しかもきつい日の岬を登りきるのにカレーライス缶分のエネルギーを使い果たしきつい。

ここからが結構長くて、なかなか進んだ感じがしない。アップダウンもそれなりに厳しいしね。由良までの遠いこと・・・。でも景色は相変わらず素晴らしんですよ。途中由良港に入る大きなタンカーと競争したりね。タンカーの圧勝でしたけど(笑)

白崎海岸の先にあるトンネルは工事中で片側通行、しかも登り、更に強烈な吹きさらしの向かい風。たった5mほどの急坂すら登れずVento号が後ずさりするほどで、後ろにガードレールが無かったら、その隙間の崖から落ちるかもとドキドキしながら、Vento号を降りて、かろうじてガードレール手前で止まり、一旦ガードレールに身体を預けてから、その5mの急坂を押して登ったのでした。

そして湯浅でグルグル道に迷いながらも(県道23号線と県道20号線の繋ぎがわからず)、国道42号線に繫がる有田市に到着したのが14:00。たくさんのみかんに、普段からよく見かける有田みかんのダンボール箱を思い出し(笑)ここか~っと。

このときどう考えても、和歌山城着は、17:00過ぎかなということで、諦めムードも漂う中、夕日に染まる和歌山城を見るぞと自身の志気を高めて新たに走り出す。

15:40海南ICに到着。

和歌山城に着いたのは、16:57と本当にギリギリ!!

何とか夕日に染まる和歌山城もゲットできたということで城の周りを一周して和歌山城を満喫・・・中までは入れなかったけどね。それでも真っ暗なお城を見ることを思えば少しでも明るいうちにお城が見れて良かったです。

これで第41弾に実行したかったことが全て完了。後はお店に向かうのみ。

しかし、ここからがまた長い道のりなんですよね。お店までまだ16kmもあるし。

しかもあたりは真っ暗だし、そこで急に帰りの電車がとっても気になり、急遽kotatsuさんに電話。いつもいきなりで申し訳ありません。

最終電車の時間を聞き残りの道のりをひたすら漕ぐのみ。kotatsuさんお休み中にもかかわらずたくさんの帰宅経路と時刻表を送っていただきましてありがとうございました。

真っ暗な川沿いは、走れど走れど景色は変わらず、進んでいるのかさえつかめない状態。しかし、進む方向に佐川急便さんのトラックが次々に追い抜いていく姿を見て道に間違いは無いことを確認でき、また、お店も近づいていることも実感。

19:00ようやく和歌山店の入り口に到着。ここからがもう一山あって入り口から受付までの距離が長くしかもそれなりの急坂ということで、エネルギーを使い果たした後の登りだけに笑いが止まらず。最後まで厳しい道のりとなったのでした。

しかしここで、嬉しいサプライズが・・・。

なんと和歌山店の皆さんが今か今かとたくさんの声援と拍手で出迎えてくださり、熱々のおしぼりまで用意していただき、到着直後の疲れを一気に吹き飛ばしてくださったのでした。

相変わらずどこのお店も活気付いていてたくさんの元気をいただけるので本当にありがたいです。にぎやかな温かいお出迎えをありがとうございました。

聞くところによると、私の現在地情報を各トラックの運転手さんが逐一お店の方に連絡を入れてくださっていたようで、今日中に着けるかなとハラハラドキドキしながら待ってくださっていたようでした。その情報は最後の川沿いを走っているときまで入っていたらしく、私が到着したときには、皆さん揃って私の無事を喜んでくださったのでした。(笑)

和歌山店の皆様、ご心配をおかけしましたが無事に到着することができました。本当にありがとうございました。

20:00には荷造りを完了し、なんと紀伊駅まで送っていただけることになり、日付が変わる前に帰宅することができたのでした。お仕事後でお疲れのところを駅まで送っていただきましてありがとうございました。m(__)m

21:18発の快速に乗り、23:10無事に帰宅となったのでした。

いや~今日も一日とても長い一日でしたが、盛りだくさんで有意義な一日となりました。

そしてこの第41弾紀伊半島。4日間とも天気や景色、出会いに恵まれ感動と思い出の詰まった行程となりました。紀伊半島はきつかったですけど、素晴らしいコースでした。色んな発見もあり、改めて同じ近畿圏でこんなに素晴らしいところがあるんだと実感できたような気がしています。

今日も長文となってしまいましたが、余すところ無く書ききったかなと思っています。読むのは大変だと思いますが、今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

日の岬国民宿舎 支配人さんのブログ
http://ameblo.jp/hinomiski/entry-10715508944.html#cbox

支配人さん、素敵な記事をありがとうございました。(*^_^*)

本日の走行距離 106.31km

累計総走行距離 14308km

本日の実走行時間 9:54’29

Pa0_0072Pa0_0071Pa0_0067Pa0_0049Pa0_0017     Cimg3088 Cimg3133 Cimg3140 Cimg3154 Cimg3161 Cimg3170 Cimg3178 Cimg3201 Cimg3233 Cimg3318

| | コメント (6)

« 2010年11月23日 | トップページ | 2010年11月27日 »