« 術後経過・・・ | トップページ | 術後経過・・・その後・・・その後 »

2010年1月28日 (木)

術後経過・・・その後

術後経過を先週書いたっきりまったく音沙汰なしで、申し訳ありません。

ご心配をおかけしてますよね。m(__)m

実は、痛みに耐えるのに必死で、それどころではありませんでした。(~_~;)

なんか極限に痛い話にしかならないので、今日もどうしようかと思ったのですが、この一週間を振り返ろうと思います。

先週水曜日に、午前中会社にお休みをいただき病院に行きましたよね。次の木曜日、金曜日は、一旦痛みが治まりました。その間も痛み止めは朝昼晩と飲んでいましたけどね。

溜まった水は、そのままの量で、そして色々調べてみると、合併症を起こしていることが判明。やはり一週間を越しても、痛みが治まるどころか、激しさを増していくのですから、おかしいですよね。

そして、土曜日、痛みがじわじわと復活。お腹の堅さも、溜まった水の量も若干増えたような気がして・・・。この夜は、ピリピリ走る痛みで眠れず。

日曜日、とうとうきましたかという激痛がスタート、ここから地獄の痛みに耐える毎日となりました。自然治癒を信じて・・・。

腫れ方も、堅さも、溜まった水の量も増したのでは・・・みたいな。
このときには、自然治癒を諦めました。明日朝我慢できなければ、病院だなとおもいながら、しかし、激痛を伴う水抜きを想像するだけで、痛く、厳しく結局この夜も痛くて眠れず。何とか夜中の2時半まで、布団の中で我慢していたのですが、無理と判断・・・。

すくすくと起きてきて朝まで、だらだら・・・。
月曜日は、あくびが止まらず。(+o+)

月曜日、痛みが激しかったものの、とりあえず出社。朝礼前に病院に電話。先週親身に状態説明をしてくれた先生の診察日ならそのまま病院に行くつもりでしたが、担当は水曜日と言うことで、我慢の限界は越えていたのですが、そこまで耐えることにしたのでした。

どうしてもその先生に処置してもらいたくて。

月曜日は、息も絶え絶えに、職場の同僚も痛みで歪む私の顔を見ては、私以上に泣きそうな顔で、とても申し訳なく・・・ごめんなさい。

何とか、月曜日を乗り切って、帰宅後は、全身に力が入りまくっていたので、筋肉痛のよう。(~_~;)

その夜は、まった汗だくで布団の中ですごし、眠れず・・・。まあうとうとはしていたので、少しは寝ていたかも、前の2日間も眠れていないですもんね。

そして、火曜日、朝から、遥かに痛みの限界を超えて・・・。

やっとの思いで出社。しかし、朝から痛みを耐えるのに根性が入っているなと思ったのは、全身がプルプルと震えていること。(笑)

結局朝から夕方までプルプルと寒気と、微熱が増すほどに全身をカチカチにして、耐えまくった。ここまで来ると・・・。しかし、ここまでが、限界でしたね。この夜も汗だくになりながら夜を越しました。(笑)

水曜日の今日は、無条件で朝から病院直行としか頭に浮かびませんでした。

そして、今朝は病院直行。とりあえず溜まっている水を抜いてもらうことに。

もうここまで来ると、注射が痛いとかなんてどうでもよかったですね。

実際麻酔の注射も思っていたほど痛くなく、でも痛かったけど・・・。

エコーを当てて調べてもらったが、量はそんなに変わりませんよと言われ、思っていたほど増えていなかったみたい。でも何で痛みが増すのか???

そして、麻酔注射の場所をマジック?で4箇所印をつけて、麻酔。その後約20ccの水を抜いていただき、もうほとんどないです。と・・・。

しかし、先生いわく抜いた水と同じくらい麻酔薬が入ったので・・・と、私もうけて笑ってしまった。さっき水を抜いた後を見てみたら、7箇所くらい針を刺した跡があったので、麻酔注射を入れると、10箇所くらい刺したんだと・・・\(◎o◎)/!

本当に痛みがさほどなければ、自然治癒が望ましいというのがわかったが、私の場合は仕方がないもんね。

そして、痛みが治まったのか、どうかは今のところなんともいえない。

しかし、痛みの最高値が10なら、今は3くらいかな。ジンジンはしているけど。

先生も、溜まっていた水はどろどろとしたものではなかったのでこれが原因かどうかはわからないって・・・。

もしかしたら、原因は別にあるかもしれないとも言っていた。例えば、異物が入っていることで敏感に反応しているとか。

または、お馴染みの私の特有の症状なのかも知れない。

なんせ、「教科書通りの身体ではないので」とこれまでも言われてきたのでね。なんともいえない。相変わらず原因不明が多い私の身体です。(^^ゞ

だから、今はひとつの原因を取り除くことができたけど、今後どんな痛みが伴うようになるのか、身体がどういう状態になるのかは、見当もつかない。

ということで、今日は、今現在痛みが少しおさまっているので、明日以降の経過を見るしかない。そしてそれに対応する対策は内容なので、後は日にち薬だと思ってくださいね。ということなので、今後は痛みに耐え切るしか無そうです。

当面の目標は1ヶ月間ですね。

先週は、国内計画を進めたかったのですが、まったく手付かずなので、明日から進めようと思います。もう2月に入ると、公共交通機関の予約が始まりますからね。

という、痛い話をしてきましたが、今日は仕事から帰宅後にとても嬉しい訪問者がありました。この前の奇跡のグアムに興味を持っていただいたようで、たくさんのグアムの話をして、また、グアムを思い出して涙して、あっという間の2時間でしたが、とても有意義な時間となりました。また、このことにも触れる機会があると思いますので、そのときまでお楽しみに!!

当分は、痛い話が続きそうですが、また、快復に向かってくれば、旅の話も盛り込んでいきますので、お楽しみに!!

今のところ、旅の再開予定は3月です!!

それでは・・・この辺で。

|

« 術後経過・・・ | トップページ | 術後経過・・・その後・・・その後 »

コメント

rainこんにちは。
更新されてなかったので、やはり痛みがひどかったのですね。
・・・何と、コメントしたらこぶたろうさんの
気分が楽になるのでしょうか・・・
お大切に!なさって下さい。
3月からどちらを?国内ですか・・・(知らなくてごめんなさい) clover

投稿: r4s | 2010年1月28日 (木) 10時23分

頑張ってるのに『頑張ってね!』って言われるのはイヤ………

わかってるけど言っちゃうの・アタシ…

ガンバッテクレーーーーーーーーーー…

神様 タノムヨーーーーーーーーーー…  

ナントカ、ナントカシテクレーーーーーーー…

(≧□≦)/ ダーーーーーーーーッ!!!

投稿: 一眼レフの妻 | 2010年1月28日 (木) 16時09分

こんばんは
神は乗り越えられない試練を与えないと聞いた事がありますが、こぶたろうさんは今まで痛みと闘い続け、我慢強すぎ。それゆえにそれ程の痛みを与えられたのでしょうか。

『このブログを見ている人の熱い祈りよ、天にとどけ』

投稿: 一眼レフ | 2010年1月28日 (木) 22時16分

r4sさん
こんばんは。
痛い話ばかりで申し訳ありません。m(__)m
3月から再開するのは、本線の日本一周の方となります。
3月から再開する事は決めているのですが、現在計画中です。今年は3連休以上の休みの日が少ない為苦戦中。昨年は仙台まで下ってきましたのでその続きとなりますが、Vento号の関係で候補が2つあり、まだ決まっていません。近い内に大まかな年間スケジュールが完成しますので、そのときには、年間スケジュールをUPをしますね!!

投稿: こぶたろう | 2010年1月29日 (金) 19時53分

一眼レフの妻さん
こんばんは。
帰国してからほんと、心配かけまくりで申し訳ありません。
今もお花がとても綺麗に咲いてくれていますよ!!ありがとうございます。(*^_^*)

水曜日に病院で腹水を抜いていただいて、今は少し落ち着いています。
ただ、いつ激痛に戻るのかわからないので、日々ドキドキビビリながら毎日を過ごしています。
今は、患部の激痛はさほどきつくないのですが、お腹の神経は、あちこちへとつながっているという事で、いつも雷がおへそに向かって走ったり、股関節のリンパ腺?に向かって走ったりと、各地で大荒れの空模様です。(笑)
まだ、しゃがんだり、前屈などお腹を圧迫する動作では、激痛が伴います。なんか、火山噴火の前兆みたいで、お腹の中で沸々しているのがとても気になりますが、こうしてコメントへのお返事もできていますので、ご安心を。(^^♪

投稿: こぶたろう | 2010年1月29日 (金) 20時05分

一眼レフさん
こんばんは。
いつも熱い励ましをありがとうございます。m(__)m
一眼レフさんのコメント見てふと思うことがありました。それは痛みについてですが、激しい痛み、軽い痛み、我慢の限界を超えた痛み、痛かゆい痛みと、色んな痛みがありますし、それこそ幾度と無く体験し、越えて来ました。
でも痛みがわかるってありがたいことだなと思って!!

本当に耐えられない痛みって、危険を教えてくれますよね。
「こぶたろう君そろそろ危険だよ」みたいな…。(笑)
だから痛みがわかる方がいいんだろうなって…。

私の身体って、上半身は痛みを感じることができて、下半身は痛みを感じることができないでしょ。

だからどちらの気持ちもわかるんですけど…。

と考えると、痛みを感じない下半身の方が危険だなって思っています。

現に両足小指は、いつ折れたのかわからないので今も折れたまんまだし。

それ以上に、今回の手術では、手術中に血栓ができて詰まってしまっては、危険と言うことで両足にとてもきつい白タイツを履かされたのですが、(手術用だと思うけど)。
余りのきつさに2人がかりで履くのに10分もかかったんですけど、痛みのわからない私の両足首は、その締め付けに耐え切れなかったのか、細胞がやられてしまったみたいで、最初は真っ赤に腫れあがっていたのですが、今は、火傷のあとみたいにズルズルで、腐ったりんごみたいにジュクジュクしていて、見るからに化膿しているのかなと言う状態です。痛みがわからないって、危険の察知ができないんですよね。

たぶん、これも相当痛いと思うのですけど。

とりあえず毎日消毒しているのですが、治るのに2ヶ月くらいはかかるのかな…。これまでの経験上。(^^ゞ
血の巡りが悪いから余計に治りが遅いんだと思いますが…。

こういった外傷からの細菌感染には、無防備なので、主治医の先生からは、感染症には気をつけましょうと、言われています。

一眼レフさんへの、コメントのお返事だったのに長すぎましたね。申し訳ありません。m(__)m

かといって激痛に耐えるのは、至難のわざですが…。耐え切れないもんね。

結局どっちも、危険か…(爆)(^^ゞ

ぐちゃぐちゃになっちゃた。(笑)

投稿: こぶたろう | 2010年1月29日 (金) 20時36分

おかげん悪そうですね、
今日は家なので、こちらから連絡します。

国道4号線と6号線は、あまり好きでは有りません。
お勧めは県道10号と38号ですが、道幅が、岩手の45号線並、勿論リアスでないのでアップダウンは、有りませんが。

かじは、北海道に向けバイクのマエ半分分解中です。人もバイクもメンテが肝要です。無理は禁物ですが無理しても何とか成るかも。

年末父が、浴槽で溺れ、頭がダメに成ってしまいました。父体は元気です。当面入院です。

御来仙の際、両親介護空いてれば、お手伝いいたします。

投稿: かじ | 2010年1月31日 (日) 11時02分

かじさん
こんにちは。
お父様のご体調がとても心配ですね。かじさん自身も日々お忙しいときにコメントいただきましてありがとうございます。
かじさんも体調など崩されませんように…。

仙台からのコースですが、距離計測の為に国道を使いましたが、この県道のコースも、予定に入れております。
福島県の南相馬市まで、県道でつないでも良いかなと思っております。
ただ、県道ははずれが多く、私はよく道に迷ってしまうので、それだけが心配ですね。(^^ゞ

投稿: こぶたろう | 2010年1月31日 (日) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 術後経過・・・ | トップページ | 術後経過・・・その後・・・その後 »