« 2009年12月6日 | トップページ | 2009年12月13日 »

2009年12月12日 (土)

チャリラボ・・・Chari Lab.

今日は、京都に行って来ました!!

と言うのも、第28弾が終わった直後に、メールをいただきました、尾形さんにお会いするためです。(^o^)

尾形さんは、京都の大学に通う学生さんで、ハンドサイクルにとても興味を持たれ、京都を中心に関西圏を視野に入れた、ハンドサイクルの普及活動に力を入れておられる方です。

普段は、レンタサイクル屋さんで、アルバイトをされているのですが、その傍らでハンドサイクルの普及活動をされているのです。

尾形さんが最も力を入れているのが、アダプター式ハンドサイクルで、車椅子の前に装着するだけで、手軽に行動範囲を広げることができるというメリットが魅力だそうです。

そんな尾形さんと、ハンドサイクルとの出会いは、京都観光にこられた外国の方との出会いだったそうで、レンタルに来たお客さんのお友達が、このアダプター式ハンドサイクルに乗っておられ、これから二人で京都観光に行く・・・と。

そのとても楽しそうな雰囲気が印象に残ったそうで、この京都と言う観光地で自転車とともに、ハンドサイクルがあってもよいのではと言うところからハンドサイクルの普及活動が始まったそうです。

タイトルの『チャリラボ』=京都自転車研究所だそうです。
http://d.hatena.ne.jp/Chari_Lab/

今日は、お昼にお会いする約束をして、鴨川近くの市営駐車場に車を止めて、少し到着時間が早かったので橋を渡りきった出町柳駅近くにあるレンタサイクル屋さんまで直接行ってみました。

ちょうど私を迎えに行こうとされていた尾形さんに会い、その横にある、尾形さんお気に入りの喫茶店でお茶をしながら、早速ハンドサイクルの話に花が咲いたのでした。

その中でも一番印象に残っているのが、尾形さんの夢のスケールの大きさですね。聞いていてこちらまでワクワクしてしまうような、夢をもたれていました。

その夢は、現在関西には存在しないであろうアダプター式ハンドサイクルの代理店となり、関西を中心にこのアダプター式ハンドサイクルを普及させることから始まり、このハンドサイクルを使ったイベントや、競技を国内に留まらず、世界に向けて発信していくと言う壮大なスケールの実現。その話も、ただ漠然とやってみたいというものではなく、とても現実的なところまでしっかりと考えておられて、話を聞いていて私にもはっきりとイメージできるくらいのビジョンをお持ちだったので、これは本当になるんだと実感したのでした。

やっぱり、こういう活き活きとしたビジョンを持たれ、豊かな感性と情熱を兼ね備えた方とお会いすると、こちらまで活性化されますよね!!

ほんと、エネルギーが満ち溢れてくるというか!!

日本一周をする中で、またまたビックな心の持ち主に出会うことができました。
今日の出会いに感謝です!!本当にありがとうございます。m(__)m

更に、アダプター式ハンドサイクルの使い方や、梱包方法なども実物を使いながら詳しく説明していただき、グアムに向けた準備がまた前進したのでした。

尾形さんの次なる企画は、自転車&ハンドサイクルによる琵琶湖一周と言うことで、経験者の西山さんにも、是非お会いしたいとのことでした!!

記事をうまくまとめることができず、尾形さんの活動の素晴らしさを十分に伝えきれないもどかしさはありますが、興味を持っていただいた方は、是非下記のブログに足を運んでみてくださいね!!

http://d.hatena.ne.jp/Chari_Lab/

尾形さん今日は貴重なお時間をいただきまして本当にありがとうございました。
とても有意義な時間でした。(^^♪

それから、私のブログをはじめから最後まで読んでいただき、更には私の本まで読んでいただきまして本当にありがとうございました。

重ね重ね、感謝とお礼を申し上げます!!

また、お会いできますことを楽しみにしております。
ありがとうございました!!!

それから、もう一つ。
帰りは、駐車場まで送っていただき、最後は車が駐車場出口に出てくるまで橋のたもとで待っていて下りありがとうございました。
最後の最後まで、とても爽やかな尾形さんでした。(*^_^*)

Cimg7568  Cimg7572  Cimg7578_2Photo

| | コメント (2)

« 2009年12月6日 | トップページ | 2009年12月13日 »