« 2009年10月10日 | トップページ | 2009年10月12日 »

2009年10月11日 (日)

第26弾2日目『進まない(>_<)』

第26弾2日目『進まない(>_<)』
第26弾2日目『進まない(>_<)』
第26弾2日目『進まない(>_<)』
第26弾2日目『進まない(>_<)』
第26弾2日目『進まない(>_<)』
今日は、ある意味盛り沢山な1日でした。と言うかじっと我慢の子でした。と言うかイライラマックス噴火寸前。みたいな超キツイ1日となりました。はぁ〜。。。疲れたれ。。。昨日の今日なので今日は楽勝でしょうと思いきや…。旅ってこんなもんですよね。毎回先が読めません。f^_^;
今日はもしかしたら雨かもと思いながらも5:30起床。カーテンを開けると快晴!昨晩の雷と大雨が嘘のよう(^O^)/
6:30宿を出発。今日は三沢空港のある三沢を目指します。朝早かったせいもあって森林浴に癒されながら気持ち良いスタートをきりました。1時間たっても2時間たっても、なんとなく進めていない。そんなに急な坂は無いのに…。なんと緩やかな登りが延々と続いていたのでした。なので平均時速は4〜8km。進んでいる気がしなかったのですね。今日の道のりは7割方そういった登りで、急なところでは斜度10%緩やかなところでは割と平坦に見えて登りみたいな。
昨日の疲労が回復したわけではないので今日は早めに宿につきたいと、早起きしたのだが、大誤算。いつ着けるのか不安になってきたころトラブルが…。物見崎に向かう斜度10%を登り、10:30。峠付近に差し掛かったときブレーキワイヤーが破断。まあ、下り中でなかったことが幸いだった。ましてや、昨日だったらと考えるとラッキー。道が狭かったため峠をゆっくり下り修理。まだ気持ちにも余裕があり、ついでにチェーンに油をさした。朝から4時間走っているのに距離は、28kmと伸びず。そしてようやく走り出して11:00今度は左後輪がパンク。338号線は国道であるにもかかわらず、道路は狭く、しかも路面が荒れ放題で凹凸と穴がそこらじゅうに…。まあまあ、昨日でなくて良かったとまた走り出す。今度は雲行きが何やら怪しくなってきたぞと思った瞬間スコールのような土砂降りの雨が降り出し、突然のことに雨宿りする場所もなく、レインウエアを着る頃には全身ずぶ濡れに。そしてレインウエアを装着し、走り始めた途端雨がやみ、晴れ間が…。イライラが始まる。
今度は暑くなってきたのでレインウエアを脱いで走り出すと路面に溜まった泥水を下りで両後輪が汲み上げ顔面びしょ濡れ、しかも両脇にも水がかかり、再びびしょ濡れ。そうこうしている内にアドバイスをいただいていた、六ヶ所村の海側最短道路に入るタイミングを逃し、相当な大回り。後輪の泥水跳ね上げを解消しようと羽を装着。しかし、その後路面はあっと言う間に乾き、つけたばかりの羽の意味がなくなり、再び、2度目のスコールにあう。まるでコントを見ているような状況にだんだんイライラ。ある意味叫んでしまった。しかも登りで進まない。悪循環である。一回気分を切り替えるために、コンビニへ。金曜日の夕方以来お米を食べずに今日まできたので、お米がむっちゃ美味しい!o(^▽^)o
この二日間はカロリーメイトみたいな保存食でつないだのでした。そして走りながら、このイライラについて考え始めた。なんでイライラしてるんだろう?なんで、なんでと問いかける内、一つの原因がわかった。それは日照時間と言うプレッシャー!!
何とか今日の目的地まで行きたい。しかも日が暮れるまでに…。これが原因だと突き止めた。何で日暮れまでに…。と考えたら、熊を思い出した。それは北海道での恐怖から日が暮れると危ないと勝手に思いこんでいたから…。それがまだぬけていないのだ。これまで本州を回ってきたとき夜走もそれなりにやっていたことを思い出し、なんか一気にイライラが吹き飛んだ!1日24時間は変わらない。日照時間が短くなっても同じ。そう考えると、電気つけて走ったらいいだけやん…と。今日のポイントは一日も早く『北海道モードから本州モードに切り替える』と言うことかな。なので今日の出来事は、これから始まる第27弾から29弾に向けての準備。復習みたいな一日やったんやと思えばこれまた、感謝やね。なかなか中身の濃い1日でした。17:30三沢に到着しました。明日はもっと楽かな!!昨日今日と軽く夜走でしたとさ。両腕は更に過酷な状態です。(^_^;)

本日の走行距離 96.35km
累計総走行距離 9471.8km
本日の実走行時間 8:13′38

| | コメント (18)

« 2009年10月10日 | トップページ | 2009年10月12日 »