« 第23弾3日目『回復!!』 | トップページ | 第23弾2日目『ダイジェスト版』をUPしました。 »

2009年7月22日 (水)

第23弾4日目最終

今日は朝から雨が降ったりやんだりで、しかも、お昼過ぎには金谷沢駅に着かなければならないと言うことで、走れても11:00~12:00までとなるので、朝からゆっくりする事にしました。
7:30起床。テレビをつけて、だらだらと荷物を片付けていると7:48。何やら聞いたようなニュースが流れて来たのでした。

大間崎…台湾…神様…お祭り。それって昨日偶然出くわした、爆竹の!!

もしかしたら映ってるんちゃうん。というこで手を止めテレビに集中すると、ちら…ちらっとVentoに乗った私が映っているじゃあ~りませんか!f^_^;
映り方は素人丸出しの恥ずかしい感じですが、ほんの数秒でした。いやあこんなことがあるのですね。いつものように早出なら見れてないですもんね。たまたまのだらだらが偶然を引き起こす。これもまた旅ですね!!面白い!最終日としては面白い思い出ができました。それも本州最北の地でね。

今日泊まっていたホテルは1日目に泊まったホテルで、エレベーターも広く部屋の間口も広いのでVento号を入れても余裕で快適ということで再びとなったのでした。

さて8:30そろそろ出発しようかな。後は下北店に直行です。今日も朝からたくさんの応援をありがとうございました。最後に下北店の近くで電話をしていると、何か困ったことでもあったのかと思われた男性の方がわざわざUターンして駆けつけてくださりお騒がせしました。尼崎店さんに確認の電話だったのでした。

最後まで何かしら守っていただき9:30下北店に無事到着。第23弾下北半島走破いたしました。今回はとてもハードな日程行程でしたが、たくさんの応援をいただきゴールできましたことに感謝いたします。

荷造りも11:00に終わり、ウロウロできそうなところが近くにないので金谷沢駅へ。しかし、ここは無人駅。イスと大きなゴミ箱、ほうき以外は何もありません。自動販売機すらないのです。次に来る電車は14:27。約3時間30待ちです。タクシーもすんなり捕まりそうもないので今日の記事を書いて時間を潰しています。後1時間です。頑張ります。

その駅には、乗り方が書いてあって、自分でボタンを押してドアを開ける仕組みのよう。イメージトレーニングをしていると、ようやく電車が来て、ボタンを押すも、開かない。

乗っている男性が、前々と教えてくださり、すたすたと前から乗り込んだ、緊張しますね。(^^ゞ

しばらくすると、ローカルらしいハプニングが、運転手が線路の上に何かあるのに気付き駅でもないところに停車。線路の上に散乱していたのは、ホタテの養殖用網で、そこから200m先にも、散らばっている。どうするのかなと思いきや、本部と電話で話しをし、乗客に、「今から異物を撤去してきます」というと、なんと運転席から線路に降りて、自分で撮りにいった。そして運転席の横に、撤去したものを置くと、またゆっくり走り始め、200m先でストップ。「またいってきます」というとまたまた線路に下りて撤去。ようやく走れるようになりましたと言うことで5分遅れとなる。いや~それにしても、あんな光景は、はじめてみました単線だからできるのでしょうね。良い思い出となりました。

青森の駅で、少し時間があったので『ホタテ釜飯』を食べたのでした。

21:00無事に帰宅。

第23弾を完了いたしました。

追伸:
帰宅後、メールの数は200件ぐらいだったかな、その中で2日目、3日目とお会いできたコーヒーの方からメールをいただいたのですが、何度やっても返信ができなかったので、ここでお礼を書かせていただきますね。

あの時は、本当にありがとうございました。土砂降りで、脱輪したり、車が跳ね上げた水を全身に何度もかぶりながらの走行だったので、わざわざ反対車線を渡ってきてくださり、暖かいコーヒーをいただいたときには、折れそうな気持ちがつながったのでした。コーヒーと同じく暖かい思いを乗せて頂きまして本当にありがとうございます。私の聞き間違いで昨日の記事を間違ってしまいましたが、早急に訂正いたしました。奥様にも、元気な笑顔をいただき、再び再会できたことが、とても嬉しく、旅を満喫できたのでした。これからも、応援してくださるとの事、とても嬉しい限りです。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

本日の走行距離 7.15km
累計総走行距離 8027.2km
本日の実走行時間 0:40′46

Cimg4014Cimg4021_2Cimg4036Cimg4032

 

|

« 第23弾3日目『回復!!』 | トップページ | 第23弾2日目『ダイジェスト版』をUPしました。 »

コメント

おつかれさま
第23弾無事完了おめでとうございます。
今回は体調が悪い中、リュックの中身の変更と、梅雨の大雨、猛暑、その上に最高レベルの山岳ルートと今後の大きな分岐点になるのではと思っていました。
よくがんばりましたね。また たくさんの感動と勇気をいただきました。ありがとうございました。

投稿: 一眼レフ | 2009年7月22日 (水) 04時57分

一眼レフさん
こんばんは。
本当に今回は、全ての厳しい条件が重なりましたね。唯一雷と、熊には遭遇しませんでしたが(^^ゞ
本当にいつリタイヤしてもおかしくない状況でした。
最高レベルの山岳コースと言っても、こぶたろうの尺度ですから、他の方からすれば、あれできついっていってたら…。なんてこともあるかもしれませんね。
今日は、ほとんどダメージないほどに快復しましたよ。自分でもありがたいぐらいに。
だから続けられるんでしょうね!!

投稿: こぶたろう | 2009年7月22日 (水) 23時44分

第23弾 終了! お疲れ様でした
時間的余裕や体力的余裕があれば、当地の名所
「恐山」を見てほしかった かも。
まあ、ある意味「恐山」的な体験をしたようなので、霊場恐山の景色は葉書を送りますんで見てください。
では、失礼します。

投稿: 吟遊写人 | 2009年7月24日 (金) 22時17分

吟遊写人さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
『恐山』ですか。前日までは行くつもりでした。
最終日、晴れていれば、とも考えたのですが、最後の最後まで悩みました。時間的には、行って帰れない距離ではなかったので…。
私の中での『恐山』のイメージは、とても神聖で、今、踏み入れることはできないな、という結論に達して、今回は、ひかえさせていただいたのでした。
こういう聞き方は、とても失礼なのかも知れませんが、地元の方にとって『恐山』とはどういうところなのでしょうか?どのような存在なのでしょうか?少しでも本当の『恐山』を知ることができれば、幸いです。
お葉書を楽しみにしております。ありがとうございます。m(__)m

投稿: こぶたろう | 2009年7月24日 (金) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第23弾3日目『回復!!』 | トップページ | 第23弾2日目『ダイジェスト版』をUPしました。 »