« 第22弾6日目\(◎o◎)/!な1日とりあえずダイジェストで!! | トップページ | 第22弾7日目「そのまま函館へ」 »

2009年5月 5日 (火)

第22弾6日目本題\(^_^)/

第22弾6日目本題\(^_^)/
第22弾6日目本題\(^_^)/
第22弾6日目本題\(^_^)/
第22弾6日目本題\(^_^)/
第22弾6日目本題\(^_^)/
今日はアクシデント、サプライズと最高の1日となりました。(^O^)/
昨日の夜に西山さんから龍飛崎までの山越えは危険やでといわれ、今朝は同じ宿に宿泊された方が昨日龍飛崎に行きかけたが霧と雲でほとんど先が見えず引き返してきたと言うのでどんなにすごいのかと気合いを入れることに。自分の調べでは500mはあるが奈良の山越と変わらないと思っていたの山場とは考えていたがそんなに気にはしていなかった。ただ周りの方が口々に危ないというので押すことを覚悟して両足にテーピングをしたのだった。朝6:00に起床。昨日雨でVento号がぼとぼとになったためメンテナンスをしながら7:00に準備完了。朝ご飯を食べて7:30宿を出発。小泊からの出発です。途中道を聞くためにガソリンスタンドへ。そこで恥をかくf^_^;龍飛崎をひりゅうざきと読んでしまいたっぴざきね。といい直される。
ははは…。
いよいよ龍飛崎に向かう。すると入り口で西山さんご夫婦がいるではありませんか?聞くところよると昨日は私が泊まった近くの宿に泊まり今日はどうしても龍飛崎までを走りたくてということで合流再々再会となったのでした。そして私達が行く前までは霧や雲でやはり視界が悪く走れそうではなかったらしいのですか私達が走り出したあたりから霧も雲も一気に晴れ渡り晴天に…。
そして気合いを入れて上り出すも途中の展望台も龍飛崎もあっけなく到着に拍子抜けしてしまった。これなら男鹿半島のほうがきつかったなぁと同じ感想。11:00には龍飛崎に到着。津軽海峡冬景色を聴きながら西山さんともお別れ。その時ブレーキワイヤーが切れかかっているのを発見急遽新しいものと取り替えた。龍飛崎への下り中でなくラッキー!
ここで今度こそ西山さんご夫婦が帰宅。途中でどこかによって2〜3km走るらしい。西山さんもタフな方である。今回の4日間お二人にはとてもお世話になりました。ありがとうございました。(^O^)/
さて、あとは残り80kmを青森駅に向けて走るのみ。途中で北海道が迫力の姿を現し次には下北半島の恐山が…。青森に来たなあという実感がわいてくる。頭の中は龍飛崎でながれていた津軽海峡冬景色がリピート。(笑)
なんとか日没までには青森につけると安心して鼻歌を歌っていた瞬間左後輪が「プシュー!」という音とともに17:30パンク。やっぱりな…。結局青森駅到着が19:30。すると駅前がとてもにぎやかなので寄ってみるとなんとねぶた祭りをやっているではありませんか。けれには超感動!!初めてなまのねぶた祭りをみました。しかも偶然!!
地元の方に伺うと春のフェスティバルらしく去年のねぶたを使ってのお祭りだとか。しかしなまのねぶたは迫力満点ですよ。明日もあるらしいので楽しみです。とそこに女性の方が声をかけてくださり話を聞くと今日龍飛崎の途中で見かけました!とのことで再び出会えたことに感動していただけたようでこちらまで嬉しくてo(^-^)oありがとうございました。
そしてさらに有り得ないサプライズが起こったのでした。その方に出会った時には鳥肌ものでした。その方は2日目に村上でお会いした1日200kmを走るというあの自転車の方でした。絶対会えるはずがない二人が再び出会ったのですからお互いにびっくり!!
しかも今日は同じホテルに宿泊ということで重なりすぎです。ほんとにびっくり!!
お互い今回の旅の話で盛り上がろうと一緒に食事までさせていただいたのでした。Nさんご馳走様でした。ほんとにびっくりしました。凄い引きですよね。またこれからもどうぞよろしくお願いいたします。
明日は次回のコースになっている夏泊半島を一周できればと思っておりますが腕次第かな。ダメそうなら春のフェスティバルを堪能しようと思います。

本日の走行距離 107.92km
累計総走行距離 7535.3km
実走行時間 9:07′53

|

« 第22弾6日目\(◎o◎)/!な1日とりあえずダイジェストで!! | トップページ | 第22弾7日目「そのまま函館へ」 »

コメント

とうとう本州の日本海側を走破しましたね。scissors  
石川さゆりさんの歌がきこえてくるようです。歌詞にも出てくるように風が強そうですね。帽子のつばを上げての撮影は、顔が暗くならずにきれいにとれていて、石川さゆり似の美人と2ショットで良い写真です。
どこの半島も共通して、霧が出やすいようですが、天気に恵まれ、北海道も見れて良かった良かった。うれしそうな顔の写真を見て私たちまでうれしくなりました。
毎日の、疲れた後の痛みと睡魔に襲われながらの更新、栄養ドリンクを飲んでいるようです。ご苦労様です、ありがとうございます。
西山御夫妻さま 
しつこいようですが、お帰りの道中は気を付けて下さい。感動と実況をありがとうございました。happy01

投稿: 一眼レフ | 2009年5月 5日 (火) 05時02分

西山さん、筋肉隆々になったこぶたろうさんのサービスショットありがとうございます(*^^)v元気そうな楽しそうなお顔が見れて嬉しいです(*^o^*)お疲れ様です!

投稿: 一眼レフの妻 | 2009年5月 5日 (火) 13時32分

こぶたろうさん、こんにちは。
とうとう竜飛岬をぐるっと通過されたようで、お疲れ様でした。

小生、竜飛岬までは行ったことがない(小泊止まり)のですが・・・、小泊漁港での懐かしい風景が浮かんできます。
ミサキ通信さんってどこで撮られたんでしょうか。店の前にFURUNOのレーダーアンテナがごろごろしている風景、なんともいいですねえ。

そして、ねぶた祭りに遭遇とは、すごくついていますね。自転車故のアクシデントもあるようですが、これからもお気をつけて頑張ってください。
須磨はじめ

投稿: 須磨はじめ | 2009年5月 5日 (火) 15時40分

一眼レフさん
こんばんは。
あの名曲津軽海峡冬景色はこの竜飛崎に来て初めてあの歌詞の気持ちがわかりました。この暴風暴寒の中に立って泣きそうでした。それから帽子のつばは急な下りを一気に下ったからでした。(^_^;)

投稿: こぶたろう | 2009年5月 5日 (火) 20時54分

須磨はじめさま
こんばんは。
小泊では権現崎という民宿に泊まったのですがその近くでした。代理店かと思いました。ステッカーもありましたので。ねぶた祭りは最高にラッキーでした。あと1日頑張ります。(^O^)

投稿: こぶたろう | 2009年5月 5日 (火) 21時00分

こぶたろうさん

5月3日夜にねぶたのcameraチャンスを邪魔しまくった者です。
その節は大変失礼しました。
それなのに早速ブログに載せていただけ感激です。

あれからブログを拝見して、あの日眺瞰台で一瞬見たこぶたろうさんのカッコ良さは間違いなかったっ!と確信いたしました。
上りのきつさは想像を絶するけど、私が見かけたのは「これから長い下りのワインディングの連続」という箇所・・・愛車Vento号でまさしく風のようにカッ飛んで行ったのでしょうねdash
見たかったぞーっ!

その勇姿で多くの人を元気付け、また声をかけられ(私のようなぶしつけ者もいますが)知り合いになり・・・なんて素敵な事でしょうshine
少なくとも私の中には新しいファイルが出来ました。

最近の記事で体内祭りのことを書かれていましたが、くれぐれも労わってくださいね。
(ホントは頑張り過ぎないでって言いたいけど、頑張らんと出来ん事でしょうから)

投稿: ミッちゃん | 2009年5月16日 (土) 11時37分

ミッちゃんさん
こんばんは。
その節は、初めて見たねぶたに気をとられ、こちらこそ大変失礼な対応をしてしまい、申し訳ありませんでした。m(__)m
今日は、写真までいただきまして、本当にありがとうございます。迫力のある『ねぶた』の写真に、また感動できたのでした。\(^o^)/

眺瞰台での一瞬の出来事が、こんなに広がりを持つなんて、本当に「一期一会」という出会いに感謝です。

また、ミッちゃんさんの『少なくとも私の中には新しいファイルが出来ました。』という、とても新鮮な言葉には、私の心まで暖かくさせていただきました。

パソコンと言うアイテムが、本当に身近にあって、新しい心情表現として、こんなに心地よく響く言葉に久しぶりに出会いました。

ミッちゃんさんの、感情表現の豊かさに感謝いたします。とても嬉しい響きをありがとうございました!!

どうぞこれからもよろしくお願いいたします!!

投稿: こぶたろう | 2009年5月16日 (土) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第22弾6日目\(◎o◎)/!な1日とりあえずダイジェストで!! | トップページ | 第22弾7日目「そのまま函館へ」 »