« 2009年4月24日 | トップページ | 2009年4月28日 »

2009年4月26日 (日)

六甲山再び!!

第21弾後1ヶ月ぶりにVento号に乗ったのでした。

実は先週試したかった六甲山。
残念ながら、峠攻略法が間に合わず。昨日は雨。今日早朝4:00起きで六甲山を目指すことに。

まあ、4:00起きと言うのは、気合が入り過ぎている・・・わけではなく、今の時期、何時くらいから明るいのかを知っておきたかったのでした。実は昨日も4:00起きしたのですが、雨で暗く、今日も明るくなったのは、4:45と言うことで、やはりこの時期は、5:00くらいからしか走れないことがわかったのでした。

今日の六甲山挑戦のメインは、峠攻略法の実行。

攻略法と言ってしまえば、大げさですが、ハンドル部にある、一番内側のリングを歯数28枚から24枚に変えたのでした。この変更の話は、実は昨年の今頃から手配をかけていたのですが、ようやく今年に入って手に入れたのでした。

しかし純正品ではない為に、取り付けできず、いつものようにベータチタニウムのショウジさんに相談してしたのでした。ようはリングを取り付けるためのスペーサーが必要で、ショウジさんが作ってくださる!!そして、それをいただいたのが先週だったわけです。(^^♪

ちょうど同じ頃に、純正の手配品も届いたのですが、純正なのに取り付けられる状態ではなくこちらは使えない。と言うことで、この第22弾には間に合わないと諦めていたのです。

さすがは、匠のショウジさん市販品のリングがVento号にフィットする形状のスペーサーを作ってくださり、取り付けが完了したのが3日前と言うことだったのです。

それにしても、ノギスとマイクロメータで現物の寸法を測っただけで、出来上がったスペーサーは、寸分の狂いもなく、ガタがまったくないほどのぴったり感で、これが匠の技なのだと取り付けたときには、余りの凄さに、鳥肌ものでした。

ショウジさん、いつもお忙しい中、Vento号強化の為に、技を駆使していただきまして、本当にありがとうございます。

見事に、今日の六甲山をクリアしましたよ!!

さて、明後日には、第22弾に出発なのですが、今回も、体調を万全に整えることができず、10日前くらいから排泄コントロールが効かなくなり、先週は両手首が腱鞘炎、それがようやく完治したと思いきや、3日前から右中指が、またも原因不明の腫れと激痛で今も指が曲がらないくらいパンパンに腫れております。

まあそんな中、今日はこの六甲山頂を目指したのでした。

相変わらず、六甲山はきついですね!!

今日走りながら気付いたのですが、途中標識を何度か見たのですが、斜度10%~12%と、平均しても、斜度10%ぐらいは、山頂まで延々と続いている様な気がしました。

前回、帰りは神戸の方に抜けたので余り感じませんでしたが、今日は阪急逆瀬川駅から山頂に向かい、目標の『六甲山頂一軒茶屋』で折り返して、また、逆瀬川駅まで戻ってくるコースだった為、どれだけ登りの斜度がきつかったのか、下りの急降下を体験したことで実感できたのでした。

そら~平均斜度10%はあるんちゃうかと言う結論に達したのでした。

と言うのも、山頂からの下りは延々と急な下りで、ブレーキがまともに利かないくらい、更には最後まで、ブレーキを思いっきり握りっぱなしだったため、両腕の前腕が壊れてしまい、感覚がなくなるなど、途中3回くらい止めて、前腕の快復を待って降りると言う繰り返しだったのでした。

登りにかかった時間は、約3時間。同じ道のりを下りにかかった時間は20分と、この差が激しさを物語っていますよね。

前回の登りにかかった時間は、3時間22分。今回は3時間04分。約18分の時間の短縮となりましたが、今回は、2度目ですしね。(一度はクリアしている)

今回リングの歯数が4枚分軽くなったということでの峠越えの楽さを見てみたかったのですが、実感としては、何がどう変わったのかと言う、劇的な変化には気付けませんでした。

しかし、明らかに前回と違った点は、1点だけあったので、これが歯数4枚の差だと言えば、それはそれなりに、有効なのだと思っています。

前回は、10mおきに休憩を取らなければ、登れませんでした。

今回は、ほとんど休憩を取らず登りきりました。(3~4回完全に止まって休んだかな)

毎週のように、トレーニングをしているわけではないので、一ヶ月間Vneto号に乗っていない今回と、前回の筋力にさほど違いはないと考えると、この差は大きいかも知れません。

そして、帰宅後リングの確認をしましたが、緩みも、変形もなくしっかりと固定されていた為、これでいけると判断!!

第22弾で使うことに決めたのでした。

ショウジさんばっちりでしたよ!!\(^o^)/
ありがとうございました。

帰宅後、前輪タイヤ側面両側に円周状の亀裂を発見。もたないかも、ということで、タイヤとチューブの交換もしたのでした。

これで、新潟→青森間を乗り切れるように、頑張りますね!!

更に今日は、六甲山挑戦中に、お二人の方とお話をさせていただく機会がありました。

お一人は、地元の実業団チームの方、もう一方は、北九州から昨日の篠山の大会に出場を予定しておられた方でした。昨日はあいにくの雨で大会が中止となったようで、今日帰りに六甲山によってみようとこられたようでした。

お二方とも、それぞれに少しの時間でしたが、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。また、お会いできる日を楽しみにしています!!

今日の早朝だったから叶ったご縁に、感謝いたします!!(*^_^*)
ありがとうございました。

最後に、今日気付いたことがありました。
普段、気付けなかったり、感謝できないことでしたが、自分が登りのきついときに、正に自分を極限状態にまで追い込んでいるときにしか、感じれないと言うのが残念ですが、さりげなく吹いてきた『追い風』に、こんなに感動し、感謝できたことは、とても嬉しい出来事でした。少しの後押しで、あんなにきつかった上り坂が、一瞬楽になった瞬間の出来事でした。自然にも感謝の一日でした。

ありがとうございました。

本日の走行距離 51.88km
累計総走行距離 6877.9km
実走行時間 5:21’19Cimg2547 Cimg2563 Cimg2626 Cimg2627 Cimg2633 Cimg2651 Cimg2663 Cimg2669 Cimg2672 Cimg2685

| | コメント (15)

« 2009年4月24日 | トップページ | 2009年4月28日 »