« 2009年1月3日 | トップページ | 2009年1月9日 »

2009年1月 4日 (日)

第20弾IN沖縄8日目(最終日)

とりあえず無事帰宅しましたということで、ちょっと休憩して今日の記事を書きますね今しばらくお待ちを!!

お待たせしました。(^^♪

最終日をどう語ろうかと思いながら今回撮った写真を一覧で見てしまった。この8日間で撮った写真は1500枚ぐらい。やはりこれをじっくり見た時に実感がわいてくるのだろうなと思う。

と言うわけで、まだ沖縄一周制覇と言う実感がない。
さらに、帰宅後メールの数は、300通ぐらい。と言っても250通ぐらいは、関係のないものばかり。お返事は改めてさせていただきますね。

と言うわけで、何をどう話そうと思ったのですが、今日は、やはり最終日のことを書きますね。

今日のサプライズは、またまた大きなものでしたよ!!
偶然が良く重なりました\(◎o◎)/!
さらに首里城での超手厚い心遣いにも感激!!!

最後はいい事ずくめで締めくくれたのでした。

今朝は、首里城をメインに、王陵(たまうどぅん)と、識名園(しきなえん)考えていたのですが、今日の帰りの飛行機までの時間を逆算していくと14:00がリミットと言うことで、まず、識名園をあきらめて、王陵は最終的に行ったものの入り口から階段の上に無理やりにスロープがついていて、しかも木でできているので滑りやすそうと言うことで、入り口だけの写真を撮りました。なので朝から時間の許すまで首里城を満喫しようと言うことにしたのでした。

今日は首里城とそんなに離れていないルートインを利用したので、朝からゆっくり。ホテルで朝食なんてほとんどないので今日は、久々のホテルで朝食でした。

6:00起床。6:30朝食。7:30ホテルを出発し、8:25には首里城に到着しました。すると警備員の方が集まってきて、いやな予感が走ったのですが、まったく逆で、首里城の正門までは急な坂なので押しますね。と言うことで、一人の若い警備員さんが、一気に正殿の前の奉神門までVento号ごと押していってくださったのでした。

ただハンドサイクルでの入場は、前例がなかったようで、奉神門まで行ったところでまたも、警備員さんたちが集まり、有料ではあるが、正殿前にある、御庭といわれる広場に入れてよいかどうか、と言う話が始まる。「車いすに乗り換えていただければ・・・。」という回答にも、私的には、Vento号とは私の足同然、足を替えてまでと言う気持ちもあり、ここまでで写真を撮って帰りますから、と言う私の返事に少し時間が立ってから、入場OKですので・・・。と返事が返ってきた。しかし、南殿、正殿、北殿の見学はできませんが・・・。と言うので、チケットを買い中に入る。(開門式と言うのもしっかりと見ましたよ)(^^♪

中がどんなに素晴らしいかという話は、どこでも聞けると思うので省きますが、鮮やかな朱色に魅せられるようにその御庭をぐるぐると回っていましたら、建物内の受付の方が、「そのまま入っていただけますから、どうぞ!!」と声をかけてくださったので、行ってみるとまた、4~5人ぐらいの琉球衣装に正装をした、警備員さんが、なんとかVento号(ハンドサイクル)ごと南殿、正殿、北殿の建物内の見学ができるようにと考えてください、前代未聞と言うか、初めての試みと言うか、Vento号に乗ったままの建物内の見学が始まったのでした。たぶんハンドサイクルごと建物内見学と言うのは私が最初で最後でしょうから…。

警備員さんも大変だったと思います。

南殿は、スロープなのでそのまま、通過。問題は正殿への登りと下り。階段に備え付けたらたエスカレータと言うか、エレベーターと言うものに乗らなくては先には進めないのですが、長さがあるため少しエレベータからはみ出てしまうということであーでもないこーでもないといいながらも上りは何とかクリアし正殿内での写真もしっかりと撮っていただきました。しかし下りでは、やはり後輪がはみ出し、無理やり押し込んだところ後ろの車輪止めのバーが外れてしまうというハプニングも。なのでこれ以上はと思い北殿は、あきらめました。

普通車いすが、大きくても電動車いすぐらいしか、乗せることないやろうからね。
でもこの待遇には、本当にビックリしました。警備員の皆さん本当にありがとうございました。おかげさまでとてもよい記念となりました。

後はゆっくりと首里城内を散策。と楽しんでいると、見覚えのある方が、そうです、昨日姫ゆりの塔の門前で携帯でツーショットを撮った女性でした。その写真を携帯で撮ったのが、ガイドのRさん。昨日の今日での偶然の再会にお互いにビックリしながらも、再開を喜んだのでした。そして、紅芋ソフトと、お水をいただきました。観光バスの関係で急いでいるとのことでしたので、しっかりとお礼もできませんでしたが、昨日今日とありがとうございました。また、会える機会を楽しみにしております。

そして、また、散策をして、後は、久慶門を取ったら終わりと言うことで、今度は、ガイドのRさんにばったりと偶然再会。なんと同じ日に昨日今日と二日間も、しかもRさんは、首里城のガイドは、2ヶ月に1回程度と少なく、今日がちょうどその少ない1回だったとの事で、数秒違っていたらあっていなかったと思うと、これまた、偶然とは思えない出来事でした。

どちらも、ひめゆりの塔で知り合ったお二人でしたので、ひめゆりの塔にも縁が深いのかも知れませんね。私は、ひめゆりの塔での、偶然の出会いが、実はもう一つありまして、こちらも一生に一度あるかないかのタイミングで、しかも声をかけていただくというサプライズバージョンも昨日体験したのでした。なのでひめゆりの塔でのつながりの深さにとても感謝しています。(ひめゆりの塔で、つなげていただいた出来事でした)

ありがとうございました。m(__)m

そうこうしているうちに、時間がたつのは早く、お昼の時間となり、ガイドのRさんと、お連れのガイドさんと少し話をしながら、首里城入り口まできました。いよいよ帰り時間が近づいてきます。佐川急便沖縄店さんに到着したのが、13:00.荷造りを終えたのが14:30。沖縄店さんのご好意で、近くのゆいレール古島駅まで送っていただき、そこからゆいレールで牧志駅まで、国際通りが近いというので、そこで昼食をすませて、16:30再びゆいレールにて、那覇空国に向かう。17:00には到着。出発となる18:38まで、時間を潰し、18:38の飛行機で関空まで。もう飛行機に乗るなりむっちゃ眠たくて、爆睡。20:30関空から関空快速にするか関空特急にするかで悩みながらも、30分は早く帰れるという駅員さんの話に負けて、関空特急に、関空特急は大阪には止まらず、新大阪で降りなければ、後は終点の京都まで行ってしまうということで、なんとかギリギリまでウトウトしていたのだが、たぶん新大阪に着く前から爆睡していたのだろう、たまたま、目を覚まして外を見ると電車が止まっている。はっと気がついて、慌てて外を見たら新大阪の看板が!!

やばいと思い、速攻で電車から出たとたん扉が閉まるという危機一髪の新大阪でした。
あと数秒目を覚ますのが遅れていれば京都まで行っていました。危ない危ない(^^ゞ

しかし、沖縄から帰ってきたのだと実感したのは、尼崎駅で電車を待っている10分間。一番敏感に察知したのは、坊主頭でした。(^^ゞ
氷水に坊主頭を浸けているかのように寒いし、痛い感触。
あ~あやっぱり戻ってきたのかと実感。沖縄は寒いといっても、ここまで寒くはないもんね!!

と言うことで22:30無事に帰宅したのでした。
第20弾IN沖縄を8日間で完全制覇できたのでした。

沖縄の皆さん、たくさんの応援、支援、励ましのメッセージをありがとうございました。
それから、取材に来ていただきました、沖縄琉球朝日放送様、本当にお世話になりました。ありがとうございました。\(^o^)/

本日の走行距離14.30km
累計総走行距離6458.7km
実走行時間2:05’02Cimg1312 Cimg1343 Cimg1350 Cimg1353 Cimg1357 Cimg1361

| | コメント (24)

« 2009年1月3日 | トップページ | 2009年1月9日 »