« 2009年1月2日 | トップページ | 2009年1月4日 »

2009年1月 3日 (土)

第20弾IN沖縄7日目

第20弾IN沖縄7日目
第20弾IN沖縄7日目
第20弾IN沖縄7日目
第20弾IN沖縄7日目
第20弾IN沖縄7日目
第20弾IN沖縄も大詰めです。今日もたくさんの出逢いとサプライズそしてたくさんの笑顔に出逢うことができました。多分今回の沖縄では一番出逢いの多い一日だったのではないかと思っています。まあ、観光地巡りの1日だったこともありますね。沖縄で一番観光を感じるコースですもんね!なので今日は書きたいことが多すぎてまとまりません。これまでで一番注目を浴び、そのおかげで励ましや応援メッセージもたくさんいただけたのでした。どうしよう?何から書こうかなあ…。
今日の天気は晴れたり曇ったり時々小雨。ですがポカポカと暖かい過ごしやすい1日でした。朝6:00に起床。準備を整えて7:11にホテルを出発。昨日はシングルの部屋からダブルの部屋に変えていただきさらVento号が入るようにベッドや内装品のレイアウトまで原型を留めないまでに変更していだだき、さらに朝食時間が7:00からと言うことだったのであきらめようとするやいなや「それでしたらサンドイッチとコーヒーをご用意致しましてお持ちいただけるように手配致します」だって、しかもお正月特別バージョンのサンドイッチだって。これまでで初めての対応に大満足でした。大体一泊朝食付きだがこれまで数回しか食べたことがなかったのでいつももったいないことをしているなあとあきらめてきたなかでのこの扱い!!やっぱりすごいなあって!!お客様第一…。その心が嬉しい朝の始まりでした。私は今日も日の出を狙ってニライ橋カナイ橋の頂上でサンドイッチを食べると決めていたのでした。その前に世界遺産である斎場御嶽の入り口までを見学し、ニライ橋カナイ橋の頂上に登ったのでした。この時点で7人の方と旅話を交わしていました。そして待
つこと30分一瞬だけ雲間から日の出が見れて、これで今年のお正月三が日の日の出を全て見ることができたのでした。これも日本一周をしていなければなし得なかっただろうと思うとこの旅の有り難さに気づいた私でした。その後、平和記念公園までにも細々とチェックした場所があったのですがその時間を平和記念公園や、ひめゆりの塔でゆっくりしようと思い平和記念公園に行くことに…。
これまで広島、長崎と平和記念公園をみてきました。ここ沖縄もたくさんの尊い命が奪われたのだと慰霊碑に刻まれた、たくさんの方々の名前が物語っていました。皆様のご冥福を祈ると共に二度と同じ過ちを繰り返してはいけないと心に誓ったのでした。
その後、魂パクの塔。そして、ひめゆりの塔。ひめゆりの塔は映画では見たことがあったのですが、実際に豪を目の当たりにしたときには声にもなりませんでした。本当に言葉では表現できない厳しさを感じたのでした。今度はゆっくりとガイドをしていただこうと思いました。そして偶然に声をかけていただサプライズも嬉しい出来事でした。声かけありがとうございました。またハンドサイクルと日本一周にも興味を持っていただきありがとうございました。また写真を撮っていただきましたガイドのRさんありがとうございました。偶然が偶然を呼んだ一期一会を大切にさせていただきますね。ありがとうございました。
次に向かったのが喜屋武岬と具志川城跡。ここは場所がわからずあちこちの方に聞きながら最終的な道案内はなんと「電柱に沿って進とたどり着く」という意味の分からない道案内でしたがなんとそれで着けたのでした。これには私もびっくり!!笑ってしまいました。喜屋武岬には平和の塔がありそこで店を構えるおじさんに冷えたお茶をいただいたのでした。今日も「テレビを見ましたよ」と言う方に出逢いました。皆さんの笑顔が私のエネルギーにかわります。ありがたい限りです。その後は琉球ガラス村→瀬長島→那覇国際空港→国際通り→今日の宿に18:00着。近くのお店でゴーヤチャンプル〜を食べました。国際通りでははじめはお店の写真を撮っていたもののあまりの多さにきりがないことに気づき後は見て楽しむことに…。そこで出逢ったストリートミュージシャンの「RA‐SE Sounds」メンバー4人がそれぞれの目標に向かって一歩一歩を歩んでいる姿にエネルギーをいただいたのでした。これからも頑張ってくださいね!!
という1日でした。この記事を書きながら睡魔と戦うこと約3時間。思考停止の中書いたので中身がなくてごめんなさい。毎日の事ですが宿についたら一気にエネルギーが底をつくようで眠気との戦いです。明日はいよいよ最終日。朝から首里城に行ってきます。(^O^)/

本日の走行距離70.01km
累計総走行距離6444.4km
実走行時間7:09′42

| | コメント (9)

« 2009年1月2日 | トップページ | 2009年1月4日 »