« 第15弾1日目 | トップページ | 第15弾3日目『香住、合気道想い出サプライズ』 »

2008年10月12日 (日)

第15弾2日目『涙のサプライズ』

何から書けばよいのか…。
今も感動覚めやらず今日の出来事を振り返るだけで涙が止まりません。文字が涙でにじんじゃって…。今日のサプライズは『豪華絢爛』のとても贅沢なサプライズです。というのもこれまでもお世話になってきた方々がなんと4人も駆けつけてくださったのですから。

昨年の第2弾で赤穂につながる高取峠攻略のために仕事前に姫路から駆けつけてくださり日本一周初めての峠越えを後方よりサポートしてくださり見事高取峠を攻略でき、私に峠越えの自信を付けさせてくださった方で、今日は釣りで徹夜明けにもかかわらず、泊から青谷にある魚見台まで伴走してくださった『うめさん』。

それから第15弾出発前から鳥取県米子市から兵庫県豊岡市までの道のりの詳細を何度も詳しく教えていただき、今日は泊で行われたレースの後で、始めてお会いした後、チームの応援の後に青谷にある魚見台まで車で駆けつけてくださり、その後鳥取空港付近から大谷手前の峠(漢字が難しくて)を越えたところまでの安全なルートを伴走してくださった『initialTTさん』。

そして広島→山口間。高知。熊本。と毎回車で現地入りし、そこから自転車で伴走してくださっている、皆さんお馴染みの『西山ご夫妻』。なんと今回は「こぶたろう目線で伴走をしてみたい」ということで、ハンドサイクルをレンタルして今日までトレーニングを重ねて、琴浦町から鳥取砂丘までの道のりを伴走してくださったのでした。奥さんはいつものように車でバックアップ。約1kmごとに先回りをしては写真をとってくださり、励ましのエールを送ってくださったのでした。

こんなビッグゲストに囲まれての第15弾2日目。語り尽くせぬドラマの1日を過ごせたのでした。

今日は5:00に起床。なんと昨日は初めて21時に就寝と、練習ができないために初日はいつも疲労度がMAXなのですが、昨日は激疲れだったみたいで、宿に着くなり動けずお風呂に入り食事をして部屋に戻ると19:00には眠気がピークに…。
なんとかブログを更新し、明日の予定でも、と思ったのですが、21:00には限界朝の5:00まで爆睡しました。いつもは日付が変わるころなのにね!

準備を整えて6:00に大山口駅を出発。何とか浜坂まで行きたいと気合いを入れる。走り出すとすぐに標識が…。

みると豊岡市まで188km。位だったかな。その距離に唖然。(>_<)

今日何としても浜坂までは最低行かないと明日は帰れないみたい。鳥取砂丘から香住までは峠越えの連続みたいだし…。そんなとき西山ご夫妻から電話が入り今から向かいます、とのこと。なんと昨日は米子市で車中泊だったということで、昨日仕事後に車で駆けつけてくださっていたのだ。毎回西山ご夫妻のパワフルさには本当に頭が下がります。

今日は初めてのハンドサイクル2台での走行にテンションも上がりっぱなし。西山さんはテンションをあげてくれる天才です。終始笑いが絶えません。面白すぎ!!\(^o^)/。

最高の伴走をしてくださいました。ありがとうございました。10:30泊に到着。ここでうめさんとinitialTTさんと合流。久々のうめさんとの再会と初めてお会いするinitialTTさんそれからサポートチームとしての初めてのご挨拶ということで話が盛り上がる。少し談笑の後、バス停前で話していたので来たバスに追い出されるように先に進むことに…。

initialTTさんは同じチームのレースの応援のため会場に戻り、うめさんはここから伴走してくださることになったのでした。ちょうど一年前の今頃、初めて峠越えをサポートしていただいて以来日本一周では2回目。あの頃の軟弱ぶりが懐かしく、とても楽しい走行となりました。ちょうど一年、少しは成長した私を見ていただくことが出来てこれまた嬉しい限りです。ありがとうございます。

魚見台までのコース確認や、誘導をしていただきながら、きつい坂を登りきり魚見台到着。ハンドサイクル一年ぶりという西山さんもきつい坂を一気に登りきるところはさすが、根性魂。自分との戦いを勝ち抜いてきただけの強者です。なかなかです!

そして応援を終えたinitialTTさんも車で魚見台に合流。ここで昨日徹夜明けのうめさんとお別れすることに…。うめさんありがとうございました。本当にむっちゃ嬉しかったです。明日のレース頑張ってくださいね!!それから昨日は夜遅くまで加古川の皆さんとの集まりで私の話題を出していただきありがとうございました。加古川の皆さんいつも応援ありがとうございます。今回は雨になることなく順調に進んでおりますので応援よろしくお願いいたします。また、加古川のツアーにも顔を出せるように頑張りますので…。ありがとうございました。m(__)m

この後initialTTさんは鳥取空港付近で再度お会いできるということで西山さんと再び走り出しました。西山さんも限界を越しながらも、私のために走り続けてくださり、14:00鳥取空港付近でinitialTTさんと3度目の合流です。レースの後でとても疲れておられるにもかかわらず、私たちの為に駆けつけてくださったのでした。

さらにここからは9号線を走るのはトンネルがあり危険ということで裏ルートを指示してくださり「鳥取県まで来たのだからぜひ鳥取砂丘を見て行きましょう」ということで、いざ鳥取砂丘を目指して出発。西山さんも最後の力を振り絞って、ついてきてくださりその間距離の開いた私と西山さんの間をナビするために何度も何度もinitialTTさんが往復してくださったのでした。ありがとうございました。そして鳥取砂丘に到着。ここまで来たのだから馬の背をバックに砂丘の上で記念撮影しましょうと言うことになりinitialTTさんの肩を借りて砂丘入り。しっかりと記念撮影ができました。この段階ですでに限界を越していた西山さんと別れ西山さんご夫妻は「馬の背に行ってみます」ということで、私は浜坂に向かうべくinitialTTさんのナビ&伴走をしていただきながら先に進むことに…。

大谷手前の峠越えまでしっかりとサポートしていただきながら安心して峠越えを果たした後、峠を下りきったところまで伴走していただき、ここでinitialTTさんともお別れです。なんかむっちゃくちゃ嬉しくなり涙が止まらず爽やかに来た道を戻っていくinitialTTさんを見送った後、浜坂までの残りの道のりを今度は一人で進むことに…。

16:00しばらく走ったところで辺りは日も落ちだし、薄暗く、道に迷うようになり帰り道であろう西山さんに電話。すると今から引き返して向かってくださるとのこと。すぐに合流でき、今日最大の難関東浜から居組に抜ける山越です。要所要所で西山さんご夫妻が車を止めて「頑張れ〜!!」とエールと拍手で迎えてくださるのです。

さすがに走行距離100kmを越えてからの山越は荷重100kgを超えるVento号で登るのは想像を絶するほどきつく山越半ば位には空転するほどの斜度に、叫ばずには登れないきつさ!!

何度となく叫び続けてようやく県境で兵庫県入り。ここで安心したのもつかの間で、さらに登りは続き、もう叫ぶのを通り越して涙が溢れる。限界越えちゃったみたいで精神的にもダメージが…。しかし、ここで諦める訳にはいかず頭をよぎった言葉は『諦めなければ手を止めなければ必ず進んでいる』でした。

この言葉がきっかけで、さらに叫びまくりテンションは驚異的に引き延ばされ一気にエネルギー満タンと限界を超えた新たな境地を掴むことが出来たのでした。不思議な力です。人の無限の可能性を自身の体で体験出来たのでした。

その後、それまでの疲れが嘘のようになくなり、体がとても軽く楽になったのです。もちろん言うまでもなく今日の西山さんの頑張りやサポートと言う形で支えてくたさったうめさんやinitialTTさんからのパワーもたくさんいただけたお陰でもあります。

本当に日本一周一人だけど、一人じゃない特別なつながりをひしひしと感じたのでした。さらには私の応援をしてくださっているたくさんの方々のエネルギーもいただいているからだと思っています。今日は本当にありがとうございました。m(__)m

そして18:00無事に浜坂駅に到着しました。最後浜坂駅までサポートしてくださった。西山さんご夫妻ありがとうございました。滋賀県まで気をつけて帰ってくださいね!!今日のサプライズ…うめさん、initialTTさん、西山さんご夫妻本当にお世話になりました。ありがとうございました。また、これからもよろしくお願いいたします。

追記:今日あまりの下りの激しさに、買ったばかりのボトルが、またもや飛んでいきました。西山さんいわく、あっ…転がっていった。(笑)

今日究極の発見、浜坂手前の最後の峠越え、枕崎以来、久々の急坂での発見。ある程度までの登りでは、呼吸法で何とかこなせる→それを過ぎると、軽く叫ぶ→これを過ぎると激しく叫ぶ→次には限界を超える→脳みそパンク→試行停止→わけもわからず泣きまくる→再び超激しく叫ぶ→今までにないパワーが蘇る→自分では考えられない感覚→周聴力アップ→精神安定→冷静沈着=限界越え達成=新たな境地へと続く。

本当に辛くなったときって、怒りも激しさも通りここして、泣き出すんでしょう(極限状態を体感するあまり、脳が危険信号を出して精神状態を保てるようにしてくれるのでしょうね。)

要はこれの繰り返しで、自分自身が鍛えられていく=無限の可能性のトビラをどんどんと開いていくのだと思いました。極限状態を越したとき本当に強くなれますよ!!この体験はすごいですよ!!

たぶん合気道での稽古で、体力が限界を越えたときから鍛錬が始まると言うことを身体が覚えていてくれたのでしょうね!!合気道に感謝です。\(^o^)/

本日の走行距離115.36km
累計総走行距離4990.5km
実走行時間9:02′32

大山口駅を出発。→9号線→旧9号線→9号線→319号線→178号線→浜坂駅まで。

|

« 第15弾1日目 | トップページ | 第15弾3日目『香住、合気道想い出サプライズ』 »

コメント

いつもいつもこぶたろうさんからは
元気をもらっています。ありがとう!!

投稿: guahan | 2008年10月12日 (日) 23時49分

guahanさん
おはようございます。コメントありがとうございます。とても励みになります!!いつも応援ありがとうございます。

投稿: こぶたろう | 2008年10月13日 (月) 05時29分

初めまして!こんにちは(^^)/
浜坂に住んでいる者です。
先日、こぶたろうさんが鳥取県と兵庫県の境の山を一生懸命ハンドサイクルをこいでいる姿をみました。
それで早速ここを検索してやってきました!
あんなくねくね道で上り下りの激しい道を進んでいらっしゃっる姿をみて感動しました。
日本一周、達成できますよう応援しています。
事故やケガのないように頑張ってください!!

投稿: みわ | 2008年10月13日 (月) 16時57分

こぶたろうさん、こんばんは!
無事に(と言っていいのかどうか)浜坂まで着かれたんですね。
県境坂、説明足らずで申し訳ありません。私のあの説明では、県境まで登ればOK!に取れますよね。つい自転車の感覚でそこからは大したことないみたいな感じで話をしてしまいました。

(ちょっと長くなりますが)
こぶたろうさん、N山さんと砂丘で写真を撮ったとき思っていました。「俺って今、凄くいい顔で笑ってない?」と。帰って写真を見てみると、たいしたことないオヤジの顔ですが、やっぱり我ながらいい顔してる!
思えば色々な場面で笑顔の写真を撮ったとき、なにかしらそこには邪念みたいなものが張り付いていた気がするんです。でもあのときは本当に屈託無く笑っている自分がいたなと。
こんな風に笑った記憶はここ何年、イヤ十何年なかったような気がします。
こんな時を与えてくれたお二人に今とても感謝しています。
アーーンド、
今日は岡山での耐久レースだったのですが、昨日出し切った走りをした割りには調子が良く、過去最高の成績を収めることが出来ました。この原因には昨日一緒に走らせてもらったことが大きく影響していると思います。ハードな走りをした後は、「回復走」というゆるい走りで疲れを取るのですが、せっかちな私はそれが苦手でいつも失敗していました。しかしご一緒させていただいたおかげでイイ感じにそれができました。まさに「情けは人の為ならず」って想いです。
こんな風に昨日の一時の関わりは、私にたくさんの喜びを与えてくれました。
あらためて感謝申し上げると共に、この先の旅のご無事と成功をお祈りせずには居られない気持ちです。
ほんとうにありがとうございました。

投稿: initialTT | 2008年10月13日 (月) 20時31分

みわさん

こんばんは。
はじめまして!!
私のブログを探し出していただきましてありがとうございます。あの県境の急坂は、久しぶりのきつさでした。(^^ゞ
叫んだり、泣いたりでも最後まで諦めたくなかったのです。諦めたらそこで終わってしまいますからね!!
また、私の必死な姿をみて、感動していただくなんて、日本一周冥利に尽きます。ありがとうございます。どうぞこれからもよろしくお願いいたします。m(__)m

投稿: こぶたろう | 2008年10月13日 (月) 22時34分

initialTTさん
こんばんは、昨日は本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。m(__)m
とても長い時間をコメントに使っていただきありがとうございます。
昨日のinitialTTさんは、本当にかっこよかったですよ!!西山さんと私の間のつなぎ役をしていただいたお陰で、西山さんの中にも、何かしらの想い出が残ったと思っています。もちろん私にも残っていますよ。
鳥取砂丘での記念撮影の時には、本当に素晴らしい笑顔が素敵でした。実は、もっとかっこよく撮れた写真が何枚かありますので、また、メールに添付しますね。たぶん、俺っていけてるじゃないか!!と言っていただけると思います。
個人的に私が、ポスターにしたいくらいの写真ですから、超お楽しみに!!!

投稿: こぶたろう | 2008年10月13日 (月) 22時44分

こんばんわ。こぶちゃん、お疲れさまでした。
いやぁ、今回のハンドサイクルでの伴走は、
面白かったけどエグかったです(笑)。
うめさん、TTさんと合流して、
「こぶたろう即席サポートチーム」を
結成したものの、結局、僕のサポートみたいに
なっちゃいました(笑)。すんませんでした!
それと、怒涛の峠越えはすごかったな。
上から下ってきた自転車の二人が、
こぶちゃんの怒涛のヒルクライムを見て
「おわっ!!すげーな!!」って言ってたよ(笑)!
そして、休憩地点での見事な合気道後方回転受け身っ!
うちの嫁さんが大喜びでした(僕は地図を見ていたから見れんかったぞ)!
さらに峠の下りのライディング!
メーター読みで40キロ以上出てたし。
コーナリングは走り屋みたいでした!

うめさん、ありがとう!
そして・・・TTさん、ありがとう!また会おう!

投稿: 西山克哉 | 2008年10月14日 (火) 01時22分

西山さん
こんばんは。
お疲れ様でした。無事にご帰宅されたのですね!!良かったです。ハンドサイクルでの伴走ありがとうございました。身体は大丈夫ですか?
次回は、いよいよ西山さんの地元ですね。と言っても滋賀県までは、下れないのですが…(^^ゞ
今回もたくさんのパワーをありがとうございました。m(__)m

投稿: こぶたろう | 2008年10月14日 (火) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第15弾1日目 | トップページ | 第15弾3日目『香住、合気道想い出サプライズ』 »