« 2008年10月7日 | トップページ | 2008年10月9日 »

2008年10月 8日 (水)

泥よけ&チタンシャフト\(^o^)/

今日は、仕上げと言うことで泥よけに穴を開けて早速仕上げてみました。

仕上がり状態は完璧!!\(^o^)/

むっちゃ嬉しい!!!

Vento号に羽が生えたみたいで今にも飛んで行きそうです。

固定もばっちりで、びくともしません。
さらに上下左右と変形も自在!!そのときの状況に応じた使い方ができそうです。
取り外しや収納も楽々!!邪魔にならない構造にしたので場所をとらずいつでもどこでもあっという間に装着可能です。

この泥よけのもう一つの効果は、まな板を使っているので、水はけが良く、汚れにくい、なんといっても抗菌仕上げだもんね。しかも刃物に耐えられるようにできているので、とても耐久性に優れていて、つぶれにくいです。

最高の特徴は、シンプルイズベスト!!と言うことで、外見より、実用重視の私には、これ以上の最強軽量の泥よけはありえません。(^^♪

針金ハンガーを使いましょう。と言うショウジさんのアドバイスのお陰です。
ショウジさんありがとうございました。

これで、雨の日の泥水を顔にかぶらずにすみます。しっかりと前輪の泥よけも取り付けたので座席下の入れ物の中に水が流れ込むことも無くなりました。

今度雨の日に見るVento号は、かっこいいですよきっと・・・。

それ以上に恥ずかしいけど・・・。(^^ゞ

まあそれはそれで日本一周のためですから・・・。

さらに、今日はショウジさんのところへ。

昨日時間がとれずだったので、お詫びを兼ねてお伺いしたのですが、ショウジさんも察してくださっていたようで、今日来るかも知れないと思い、しっかりとチタンシャフトを用意してくださっていたのでした。本当はアジャスタの微調整もしていただける予定だったのですが、私の都合で・・・。

しっかりとアジャスタの調整方法も教えていただき、お礼をお伝えして帰ってきたのでした。

アジャスタの調整も私なりにこなせたので、第15弾で実際に使い比べてみたいと思っています。以前、前輪にチタンシャフトを入れたときには、ハンドルを廻すのを止めてから惰性距離がとても延び、回転が軽く感じたのですが、これで前後輪が変わったときにはどのような実感を得られるのかとても楽しみです。(^^♪

シャフトの違いは、見た目ではまったくわかりませんが、持ち上げてみると違いは歴然で、金属とプラスチックを持っているくらいの実感があります。

実際に重さを量ってみると、ノーマル→125g。チタン→80g。と45gの違いは大きいですよね。しかもノーマルより軽く、強く、錆びないとの事ですので、やはりとんでもない代物なのだと実感しています。後は、実際に走ってみての感覚の部分、峠越えでの軽さ、疲れにくさ、衝撃吸収力、耐久性等。ハンドサイクルにおける、これらのデータをベータチタニウム様にお返しできればと思っております。\(^o^)/

ベータチタニウム様、ショウジさん、本当にありがとうございます。

必ず日本一周達成いたします!!m(__)mCimg7900 Cimg7912 Cimg7943

| | コメント (6)

« 2008年10月7日 | トップページ | 2008年10月9日 »