« 第14弾3日目 | トップページ | 第14弾4日目 »

2008年9月22日 (月)

第14弾2日目(恐怖のち感動)

今日は朝から雨です。天気予報であんなに誇らしげな降水確率100%をみるとあきらめざるを得ませんが…。
今朝は5:30起床。6:00出発。標高の高い国道191号線にするか標高の低い旧国道64号線にするかギリギリまで悩んで安易に低い方を選んでしまったのが恐怖の始まりでした。ホテルを出たときはまだ雨は降っていなかったのですがすぐにパラパラと…。64号線の入り口がわからずウロウロ通りがかった男性に聞いてようやく64号線に…。旧国道でも道はしっかりしているし民家も多いというホテルの方の言葉を信じて進むもなんだか段々民家は減りあたりも寂しくなっていく。さらに進む頃に雲が真っ黒に朝だと言うのに夜みたいにあたりは日暮れ同然。しかも道の先は茂みの中。何かがおかしい…。最初片側一車線あった道はすぐに車一台分の広さに狭まり先は行き止まりか?と言う感じ。ちょっとドキドキし始めた時、雷が鳴りだした。さらに豪雨。しかも道は車なんて通れる幅もなく。うっそうとしたジャングルそのもの。雨と急坂で路面は滑るし、さらに進むと今度は路面にコケが生えている。この道車どころか人すら通ってないんちがうん??
段々不安感が増していく…。さらに追い討ちをかけるかのように豪雨と雷が…。恐怖感もUP。そして道は険しくなり前輪も空転し始め前に進めない。しかし近くには家もなければ人の気配も無い。止まっていたら気絶しそうな恐怖感でいっぱいの中とうとうVento号が後ずさりしはじめ押すことに。もう恐怖感はMAX!!
後ろから頭にロウソクを2本立てた白装束のお婆さんが叫びながら追いかけてきたらと想像してしまうくらいのシチュエーションにだんだん息ぐるしくなってきて最悪。こんなときたった一人って想像がどんどん膨らむからいやですよね。
などなどあたふたしながらもなんとか切り抜けた時には自分の恐怖心に打ち勝った喜びでガッツポーズしてしまいました。しかし二度と通りたくないですね。今後高低差での判断は微妙ですね。
さらに旧道や県道も考えないと…。恐い話はここまでにして。
今日は待ちに待った再会の日なのです。昨年第2弾のしまなみ海道で出会った島根県にあるラポール宝生苑の職員の方々に一年越しでお会いできる日なのです。第14弾の出発前から連絡をしていたのでだいたいの予定が立ってはいたのですが途中の連絡に私が気づけず、入れ違いを起こしながらも16:00にラポール宝生苑に到着。私を探しに行ってくれたTさんとはその後すぐに再会。久々の再会を果たしたのでした。去年お会いしたときには私服。今日は制服ということで初めはピンとこないものの段々とあのときの情景が蘇り改めて再会の喜びをかみしめたのでした。皆さんお変わりもなく懐かしいかぎりです。こうして一年越しで再会できたのも何かの縁。日本一周の目的の一つが見えてきた感じですね。これぞ日本一周の醍醐味ですね。約1時間近く楽しく過ごさせていただきありがとうございました。2度あることは3度あるといいますが次回の再々会が楽しみです。17時過ぎにラポール宝生苑を後にして、今日のホテルへ。19:00頃Tさんより電話。みんなで夕食をと誘っていただき、ゆっくりと再会の喜びを分かち合ったのでした。こういう雰囲気の時間てあっと
いうまですよね!
22:00頃ホテルまでTさんに送っていただき明日早朝にTさんの家の前を通るため、明日またお会いすることができるのでした!!

PS:眠たくて何度も携帯を落としながら書いたので文章むちゃくちゃかもです(笑)

|

« 第14弾3日目 | トップページ | 第14弾4日目 »

コメント

64号を通ったんですね…
なんかやたらと踏切を通りますよね
あそこは191も峠越えが大変です

投稿: モリゾー | 2008年9月23日 (火) 08時39分

モリゾーさん
こんにちは。
モリゾーさんも通ったことがあるのですね。バイクでもコケで滑りますよね。私は二度と通りません。(笑)

投稿: こぶたろう | 2008年9月23日 (火) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第14弾3日目 | トップページ | 第14弾4日目 »