« 第10弾3日目 | トップページ | これからが山場です。 »

2008年7月21日 (月)

第10弾4日目

5:00テントで寝ていたときは、蚊や虫がひっきりなしでしたが、建物近くの木製で金属装飾のベンチに座って、うとうとしていても蚊も虫も寄ってきません。不思議でしたが、気持ちのよい朝でした。6:00あたりもだいぶ明るくなってきて、道の駅の休憩室も開き、テレビとクーラーがついたので、今度は休憩室の畳の上で、テレビを見ながらうとうとと・・・

ようやく気持ちよく眠れそうな、安息状態でむっちゃ気持ちいいいいいいい~。と思ったら私の前にじっと立ってこちらを見ているおじさんが・・・。

なんか危ないと思いながらも視線をずらせず。するとおじさんが「日本一週か?」と言うなり、私の横にどかんと座り、自分の身の上話を始めた。

私もあぜんと・・・口を開いたまま・・・

何でも2週間前まで自営で魚の養殖をしていたが、廃業。今は、調理場で魚をさばく仕事を始めたという。しかし、その仕事の辛さ等を話し出したかと思うと、延々と1時間もひたすら愚痴をこぼして・・・。結局1時間の間に同じ話を4回も聞いてしまった。ちょうど電話が入ったため一時中断、ころあいを計って、「時間も時間だしそろそろ出発しますね。お仕事頑張ってくださいね」と伝えて、7:30道の駅たるみずを出発。一路佐川急便霧島店を目指す。一眼レフ夫妻も、こちらに向かっているということで、9:00過ぎに亀割峠の手前で合流。今日も元気なお二人にパワーを分けていただいた。

今朝は、霧島店までの道を走って道路具合を確認してきてくださったということで、今日の道のりの説明を受け、心の準備も整ったところで出発。寝ていないにもかかわらず身体は軽く、調子よく、進む。峠を越えては休憩をこまめにつないだために、昨日のような熱中症の症状は出ず昼前には霧島市に入る。ここでまだ時間もあるということでファミレスに行くことになり、日本一周初のファミレスデビュー。一眼レフさんが、店員さんにVento号を中まで入れさせて欲しいと頼んでくださったので、そのままVento号で店内入り。

しかし、恥ずかしいのなんのって時間はちょうどお昼時の13:00近くの学生さんたちで超満員の店内の視線は全てVento号と私に釘付け。(^^ゞ

とても恥ずかしい、楽しい思い出となりました。

後は、姶良町まで少し、しかし、この後少しがとても長く感じました。もう少しと言うことで安心してしまったのか、ペースdown。しかもなかなか前に進まず疲労が蓄積するばかり、ちょうどこのあたりから、寝不足による症状が・・・、力が入らない。しかも前日のハードな上り坂のせいで両手のひらが打ち身のような内出血状態で当たるだけも痛く、しっかりとハンドルを握れない・・・。後少しと言うところで大きな休憩をとり、霧島店に到着したのは15:00頃だったのかな。

霧島店では、一眼レフ夫妻が先に到着して私が入り口を入ってくるなり、お二人の笑顔と拍手と、写真のシャッターでゴールと言う感動の演出まで(T_T)

さらに、後片づけまでしっかりと手伝っていただき、17:00に空港へ。お二人とも最後まで全力で支えてくださったのでした。

最後にみんなんで食事をしてから帰ろうということになり、空港内のうなぎ屋さんで土曜のうなぎと言うことで、うな重を食べながらこの二日間を振り返ったのでした。一眼レフ夫妻はこの後6時間をかけて車で帰宅し明日はまた仕事と言うハードなスケジュールにも笑顔で「大丈夫!!」と一言。またの再会を約束して分かれたのでした。

行きは大阪国際空港から来たのですが、帰りは神戸空港です。初めての神戸空港でしたが、夜で真っ暗だったので、よくわかりませんでしたが、21:00には到着。ポートライナーでJR三宮まで行き、22:00には一度帰宅。そのまま自転車に乗り換えて、大阪国際空港まで車を取りに行きました。23:30無事に帰宅。と言うことで今回の第10弾が無事に終了したのでした。

一眼レフさん、一眼レフの妻さん、この2日間(3日間)本当にありがとうございました。
とても楽しい第10弾となりました。m(__)m

本日の走行距離52.83km
累計総距離3163.6km
実走行時間5:08′18

鹿児島県垂水市(道の駅たるみず)→220号線→10号線→57号線→鹿児島県姶良町まで。Acimg5092 Acimg5126 Acimg5178

|

« 第10弾3日目 | トップページ | これからが山場です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第10弾3日目 | トップページ | これからが山場です。 »