« 2008年7月26日 | トップページ | 2008年7月28日 »

2008年7月27日 (日)

第11弾2日目

第11弾2日目
第11弾2日目
今日はきつかったです。朝4時起き5時出発。20着。とても眠いので改めて書きますね。すいません。

ここに本文を移動しました。

今日は日の出、出発を試してみようと言うことで4:00起床。まだ暗い。しかし起きれて嬉しい。準備を整えて5:00枕崎市を出発。昨夜のおじさん情報によると270号線の方は楽にいけるが226号線は壁の連続で大変だと車でも厳しいと聞いていたのですが、予定のコースは226号線ダメ元でいきたくなってあえてきつい方を選ぶ。しかし現状は遥かに予想を上回りジェットコースターなみの山越えがトラウマに…。
意気揚々と薄暗い226号線を走り出す。最初の耳取り峠と今代鼻の展望台はきついということを聞いていたので覚悟していたもののそれを超えれば後はましと聞いていたのだが…。枕崎市から南さつま市の北側まで約60km。そのほとんどが山で、ふもとからせっかく頂上まで壁のような登り坂を登りきったと思うとそこから一気にふもとまで下る。その時の最高時速はMAX60km。ブレーキを下手にかけようものなら吹っ飛んでしまう感じ。これを延々と60kmの距離を繰り返すと言う罰ゲームのような激しさに思いも微妙。自信を通り越してトラウマに…。
行ってみたいと言う方はぜひ感想をお願いしますね!
しかし、海際なので景色は最高ですよ。私が楽しめたのははじめだけですが…。途中の漁港で出会ったおばあさんがいつもの散歩コースだからと激しい激坂を一緒に登ることに…。さすがにきつい坂では時速3km。とおばあさんの歩く速度の方が早いくらいで…。まあ逆に話すことに気を取られて少しずつだが登っていける。途中あまりの息の乱れようにおばあさんが押してあげよかと時々声かけしていただきながら…。まあ手漕ぎの限界こしてましたね。
そのおばあさんとの別れ際にここから先は楽だからと言う言葉を信じて進が「え−−−−!」と結局その後も頂上ふもとの繰り返しで…。
しかも暑さ以上に厄介なのが「蜂、あぶ」の襲撃!!
登りで苦しくて止まろうもんならどこからともなく来て「ブーン」と…。そのたびに必死に漕ぐ。まあ刺されなかったので頑張らんかいと励ましに来てくれたのかなあと思ったり。なんやかんやしながらも「俺はあきらめへん」と言い聞かせて12:00ころにはようやく峠を越して最後の坂を登っていると前からキャンピングカーが止まりそのご夫婦とお話。しかしあまりに息を切らせていたのでその場にイスをおいてくださり飲み物と氷でかいほうしていただきました。30分近く足止めしてしまい申し訳ありませんでした。お陰様で生き返った私でした。後は日暮れまでゆっくり走ればいいかと思いコンビニなどない所で食堂を発見。おいしい定食とお塩と冷たいお水をいただきました。ご馳走様でした。そしてありがとうございました。まだ日暮れまで5時間はあるということでいちき串木野市を目指すことに最後に延ばした距離が大誤算。やはり登り下りの繰り返し。宿に着いたのは20:00頃だったのでした。お疲れ様でした。

本日の走行距離106.90km
累計総距離3380.5km
実走行時間12:15′01

覚書:解熱剤

鹿児島枕崎市→226号線→20号線→270号線→3号線→鹿児島県いちき串木野市まで。

| | コメント (4)

« 2008年7月26日 | トップページ | 2008年7月28日 »