« 2008年6月28日 | トップページ | 2008年6月30日 »

2008年6月29日 (日)

ははは・・・ふりかえり(^^ゞ

う~ん。何だったのか・・・。

皆様にはご心配をおかけしまして申し訳ありませんでした。m(__)m

昨日は帰るなり、めまいと吐き気でそのまま布団に入りました。15:00ぐらいまで起きれなかったのかな。そして起きてトイレに行こうと上体を起こしたとたん、今度は、背中の筋を違えてしまい、呼吸がしずらくなってしまいました。なんとも貧弱な身体で・・・(^^ゞ

その後、鎮痛剤を飲んでまた横になったのですが、結局夜中の3時頃まで寝付けず・・・。

今日も少し”ボー”としています。相変わらず、背中の筋は違えたままのようで・・・。
どうも腎臓の具合があまりよくないのかも、と思っています。おしっこが出にくいというか、膀胱炎のようで、丁度一ヶ月前に、細菌の繁殖が激しく腎臓に激痛が走っていたのですが、その余韻か、完治していなかったのかも知れませんが・・・。

まあ、今回の淡路島は、何がどうしたのかわからない感じですね。

金曜日の夜に準備も万端に整え、全ての荷物を車に移動して、0:20に出発。このときは、ちょっとおしっこの出方が弱いなと、膀胱炎??とも思ったのですが、あまり気にしていませんでした。そして、その日の仕事を一気に片付けたくて、少し頑張りすぎたかなと言う感じぐらいでした。(^^ゞ

1:30頃には、明石海峡大橋を渡り、とても早くついてしまったという感じぐらいでした。そして早朝の出発地点となる、道の駅あわじへ。このとき感じたのは、潮の香りの【強烈】なこと、まるで海の中にいるぐらいの潮の香りで一気に気分が悪くなるくらいに・・・。

この時期雨が多いから、こんなに潮の香りがきついのか、これまでも何度か淡路島には行っているのに、ここまで強烈に感じたことは、ありませんでした。

まあ何はともあれ、近くの駐車場に車を止めて、朝まで寝ることに・・・。

そして、目が覚めたとたんに、気分が悪くて車のドアを開けるなり、吐いてしまったのです。胃液しか出ないので喉が焼けてしんどかったですけど・・・

目の前にトイレがあったので口をゆすぐために向かおうとしたのですが、平衡感覚がなくまともに歩けず、トイレまでに何度も吐きながら、おかしい、おかしいと思いながらトイレへ。さすがにこのときは、帰れないと思いましたね。座っていてもめまいと吐き気がおさまらないし、深呼吸をすると、激しい潮の香りで余計に気分が悪くなるし(~_~;)

私は、持病のためか、三半規管が弱く、乗り物酔いも激しいのですが、船のエンジンの臭いや、波の揺らめきを見るだけでも酔ってしまうぐらい弱く、最近ではテレビを見ていても気持ち悪くなることがあったため、年のせいか、三半規管が極度に衰えているのかもと思っていました。潮の香りも同じく、私の酔いを極端に誘発してくれます。

ダイビングにはまっていたときは、インストラクターさんが、なれれば無くなりますよと言う心強い言葉に、慣れるまで毎週のようにもぐっていたのですが、ひどくはなっても楽になることはありませんでした。このときやはり、先天性のことだと思ったのでした。

まあ酔いとは、仲良く付き合っていくしかないのですが、今回は、本当に激しかったですね。めまいと吐き気の原因は何なのかはっきりしませんが、症状は極度の船酔いと同じ感じで、めまいで目をあけていられない状態でしたね。

だから、疲れなのか、睡眠不足なのか、膀胱炎から来るものなのか、やはり潮の香りによる酔いなのか・・・微妙・・・なのですが・・・

2時間と言う車の中で潮の香りを嗅ぎ過ぎたのかはわかりませんが、何だったのでしょうね(^^ゞ

何はともあれ、吐きながらも無事に帰宅できましたので、これはこれでよかったのだと思っています。

淡路島には、2回目ですね!!断念したのは。

一回目は、旅を始める前の計画で、南側の険しさに諦めて、今回は、潮の香りでDOWNかな・・・。まあ、日本一周が完了するまでには、絶対に制覇しようと思っていますから・・・。

次は3度目の正直ですね!!(^^♪楽しみです。

本当にご心配をおかけしまして、申し訳ありませんでした。m(__)m
しっかりと体調を整えて、次回に挑みます!!!!!

| | コメント (6)

« 2008年6月28日 | トップページ | 2008年6月30日 »