« 九州入りしました。 | トップページ | 第9弾5日目 »

2008年4月29日 (火)

第9弾4日目

昨日は舞洲についで2回目のテントでした。日本一周と言えば道の駅でのテントということで憧れの一つでしたが、やはりバリバリ健康な方ならではなのかなあと思いました。そのうち日本一周の達人になるころには毎回テントとなることでしょう。当面はホテルかな。昨日のきららあじすは夜によさこいの練習に使ってたみたいで22:00に終わりようやく静かになるかと思いきやその後違う人達が入れ替わり立ち替わり結局1:00過ぎまで騒いでいたので眠れたのは4:30までの約3時間くらいでした。なので寝不足だし疲れが取れないし。と考えると自転車日本一周人はタフなんだとおもったわけです。5:00からテントを片付けて終わったのが7:00ちょうどそのとき声をかけてくださった方が朝食をご馳走してくださったのです。とても落ち着いた雰囲気の中での朝食はとてもバランスがよく美味しかったです。ごちそうさまでした。
8:00前には出発。目指すは関門トンネルを越えて北九州市。しかし寝不足がたたってか腕に力が入らず近くて遠い下関。さらに夏日のような炎天下でダブルパンチ。10:00には今日は下関までにしようかなぁと弱気になりあくびが止まらない。そんなテンションがさがる直後昨日カンパをくださった方から電話。話をしているだけで元気を回復朝食をいただいた方と同様にもうあきらめようかと思うと必ずこうした助っ人が現れるのです。守られていることを実感できるとともにがんばろうという気持ちが蘇る。私一人で走っていたらもうとっくにやめていたかもしれませんが今ある私を支えてくれるたくさんの方がいるから成り立っている日本一周だと思っています。みなさん本当にありがとうございます。
話がそれちゃいましたね。
下関に向かう残り30kmの2号線は自動車専用道路のような感じで気が抜けないくらい危ないみちのりでした。関門海峡をみた時は目の前に北九州市が見えて感動しました。とてもた本土と近いのですね。しかし関門海峡を素通りして目指したのは下関駅。ここには20年前に車の免許を取ったときに一度だけ行ったことがあったので20ぶりにどうなっているか見たかったのです。しかし様子はイメージとちがっていたのであまり感動がなくさっさと引き返してきました。いよいよ関門人道トンネル。エレベーターで地下10階(GーB)まで降りていよいよトンネルです。自転車などは押して歩かないと監視カメラを見ている監視員が放送で自転車は押してくださいといわれるのです。中はウォキングをする方もおりわりとにぎやかでした。いちよ県境での写真も親切な方に撮っていただき記念もバッチリです。また振り返りで写真をアップしますね。
九州まではあっというまでした。九州に入ってまず驚いたのは目が合っただけでたくさんの情報がいただけることでした。今日夕方に九州入りしてお話できたのが6人と本土ではなかった確率にびっくりしました。最後の方は人道出口からホテルまでの2kmくらいの道のりを観光案内しながら同行してくださいました。それだけでなくちょっと待っててというと天ぷらの盛り合わせを買ってきてくださりここのは美味しいからぜひたべてねと手渡されました。なんかとても人なつこい土地柄なのかなあと明日からの九州が少しワクワクになってきました。ゆっくりできたらいいなあと思います。

本日の走行距離72.36km
累計総距離2126.1km
実走行時間6:53′32

覚え書き:日焼け。熱。左手首腱鞘炎。左手腫れ。左尾てい骨腫れ痛み厳しい。首しびれ。

|

« 九州入りしました。 | トップページ | 第9弾5日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九州入りしました。 | トップページ | 第9弾5日目 »