« 3月28日(振り返り) | トップページ | 3月29日(振り返り写真) »

2008年4月 1日 (火)

3月29日(振り返り)

今7時に高速バスが大洲駅に到着。すぐにタクシーで大洲店に向かい8:30に大洲店を出発しました。久々の旅となるのでなんとなく感が戻らないまま長浜を目指します。
長浜までは余り目にとまるものがなかったのですが丁度、海に出る辺りにある長浜大橋と言う開閉式の赤橋を見て、旅が進んでることを実感しました。そして長浜からの、「ゆうやけこやけライン」車の通りが多いこの道はトラックも多く、制限速度も50kmとビュンビュン車が通り過ぎていきます。それなりに自転車通行可の歩道もあるため安心して走れました。途中線路沿いの菜の花や、桜もとても綺麗で春を満喫しつつ11:30には『道の駅ふたみ』につきました。丁度交通安全週間だったようでおまわりさんが、信号の反対側にいた私を見つけて、走ってきたので、何かあったのかと思いきや、「あなたがこのまま通り過ぎてしまうのではと思いかけつけました」と言うことで交通安全週間の案内とオレンジジュースをいただきました。この道の駅で愛媛新聞の門田さんに電話をする予定だったし、トイレにも行きたかったので道の駅に入ろうとするのですが、多くのおまわりさんとボランティアさんがずらっと一列にならんで出迎えてくださったのでとても恥ずかしかったです。日本一周の旗に、ざわざわしている中、嬉しさと恥ずかしさの中、道の駅で休憩です。

シーサイド公園と言うこともあって道の駅から海岸に出るととても綺麗な砂浜があり、そのど真ん中にシンボルのようなものがあったので行ってみることに・・・。

青空と白い砂浜がとても美しく写真を撮るには最高の景色と言うことで、何枚もシャッターを切りました。後で写真で振り返りで紹介しますね。そしてお雛様を飾っている部屋があったのでのぞいて見ました。お雛様もこれだけ並んでいれば、見栄えも十分でちょっとも間じっと眺めていました。

あまりゆっくりもしていられないということで予定通り愛媛新聞の門田さんに電話。待ち合わせ場所の確認していざ松山を目指すことに・・・。

松山の手前には、今回の唯一の難関である、銭尾峠。短い距離でスプーンカーブを描いているこの峠は見た目は、すごいのですが、これまでのことを考えると楽勝!!

14:00松山の手前の出合大橋で、まさに出会った方がいたのです。最初はここで取材用の写真を撮る予定だったのですが、取材の担当者が、急遽代わったこともあってここでの出会いはないものと思っていただけにびっくり、私の前をリュックを担いでそのリュックに旗を立てて歩いている方がいたのです。旗を良く見ると、日本一周の文字が、その下には愛知県、徒歩でと部分的に見ても明らかに同じ志で旅をされているに違いない。と言うことで声をかけたのですが、反応薄く、あいさつ程度で終わってしまいました。その後出会大橋で記者の方に電話をしてると今度は、あちらから「日本一周??」と聞いてこられて、そのときは電話中だったので、会釈だけしたのですが、電話が終わりその方の下に走っていって話しかけてみると、なんと私と同じく分割で、しかも徒歩で日本一周をされているらしく、今年で8年目でいよいよゴール真近と言うことでした。お互いに写真を取り合い、お互いの旅の無事を祈りつつそれぞれのコースに戻りました。一日40kmの距離を重ねてこられたみたいです。まさに足を止めなければ必ず進んでいるし、ゴールも近づくというお手本のような方にお逢いできたのも何かの巡り合わせ、ここ出合大橋ならではのエピソードでした。

14:30松山城に到着すると、愛媛新聞の門田さんが、待っていてくれました。松山城の横に愛媛新聞社のビルがあるということで、一階のロビーで取材が始まりました。ケーブルテレビも、併設しているようでした。受付の方や、警備の方を見ていると、報道やテレビ局の雰囲気がとても伝わってきて、ちょっと嬉しかったです。(^o^)

門田さんもとても話しやすい方で、リラックスムードの中取材が進み後は、松山城をバックに写真を撮りましょうということで、松山城へ・・・。

お城の前の広場は、芝生を植えるための工事中と言うことで柵が張られていたのですが、さすがは記者さんです。ちょっとだけならと言うことで柵の中へ入り、実際に走っているところをお城とともに撮りましょうと言うことで公園内を少しだけ走らせていただきました。その後門田さんと記念撮影をして本日の終着点伊予北条を目指します。

取材のためにお時間をいただきました門田さん、本当にお世話になりました。
そしてありがとうございました。

15:30道の駅ふわりを目指して、走り出したのですが、今さっきまで晴れていた空模様がどんどんとどんよりとしてきたので、天気予報を見てみると、今夜から明日にかけての降水確率が70%とちょっと早い天気の崩れに、道の駅でテント体験をしておきたいという気持ちと、びしゃびしゃになってまでテントにこだわらなくてもと言う気持ちの葛藤が始まります。

そして北条まであと10kmと言うところで、テントを諦め、宿泊先を探すことに、それなりに泊まるならここにしようと思っていたので北条水軍ユースホステルに電話。一発OKをいただき今日の宿が決まったということで後は、のんびりと宿を目指します。

17:30宿に到着。北条水軍のマスターはとても気さくな方で、細かいところまで気配りの行き届いたおもてなしに大満足。しかも近くにある温泉まで車で連れて行ってくださるということで、日本一周発の温泉に入ってきました。潮の香りの天然温泉『シーパMAKOTO』です。ここの露天から眺める瀬戸内海は、とっても穏やかで旅の疲れをとるには、最適だと思いました。泉質は、ナトリウム-塩化物強塩冷鉱泉で切り傷、火傷、慢性皮膚炎、などに効くそうです。ものすごく塩辛い温泉でしたが、疲れも塩でしっかりと揉み解されたような心地よさでした。

19:30マスターが迎えに来てくれて、マスター手作りの料理をいただきます。これがむっちゃ美味しくて、手作りのドレッシングに、調味料、工夫たっぷりの料理は一度食べたら病みつきになること間違いなし。ここに来られるお客さんはリピータになる方が多いというのもわかります。なんせむっちゃ美味しいんですよ。四国に来たならかならず泊まってみてくださいね超お勧めですよ!!ほんとに、しかも陶芸の趣味もお持ちでほとんどの食器がこれまた手作りなんですよ!!本当にすごいです。マスターのお話を聞いているとあっという間に時間が過ぎてしまうほどトークも抜群で、四国最後の宿泊先でとても嬉しい想い出がまた一つできました。マスターご馳走様でした。また、寄せていただきますね。

と言うことで、荷物を片付けているうちに電気つけっぱなしで寝てしまいました。ではまた明日。

本日の走行距離 69.30km
総累計距離1672.44km

|

« 3月28日(振り返り) | トップページ | 3月29日(振り返り写真) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月28日(振り返り) | トップページ | 3月29日(振り返り写真) »