« 3月29日(振り返り写真) | トップページ | 3月30日(振り返り写真) »

2008年4月 2日 (水)

3月30日(振り返り)

北条水軍ユースホステルで6:00起床。いよいよ今日で四国最終です。今日はやはり雨。でも不思議と気分はリラックスです。思えば四国入りして今治店を出発したときも雨。本当に雨に縁の深い四国でした。でも第2段で四国入りしたときは快晴だったんですよね・・・。

6:30マスターの美味しい朝食をいただいて・・・そうだ写真を撮らせていただければよかったと食べ終わった後に気付き残念。でもまたいつか訪れること間違いなしの北条水軍。次こそは、もっとゆっくりと過ごしに来たいと思います。

そして偶然にも、私がお世話になっているサイトで『日本一周みんな集まれ!』でおなじみの『リアル☆ねずみ男』さんが同じ部屋に宿泊されたのを知りました。15日違いでした。私が日本一周を始めた頃からよく拝見させていただいていたブログで、もしかしたら会えるかもと期待していたのですが、残念でした。でもちゃっかり、リアル☆ねずみ男さんの横のページが空いていたので見開きで同じ場所に書き込みさせていただきました。リアル☆ねずみ男さん日本一周達成おめでとうございました。私も頑張ります。

ちょっと脱線してしまってすいません。本題に戻りますね。

7:00にVento号のパッキングを晴れ仕様から雨仕様にチェンジです。昨日出発の際、雨仕様にしようか迷ったのですが、テント宿泊と強く決めていたので、どうせ荷物を降ろすなら晴れ仕様でいいかと思っていたのです。

ちょうど雨宿りができるような場所もなかったので北条水軍の玄関先で雨に濡れならが、すべてのパッキングをばらし、雨仕様に変えていくのですが、中腰ではできないため腹をくくってびしゃびしゃの道路に座り込んでパッキング。いつもなら1時間もかからないのですが、準備が完了したのが8:30。と一時間半もかかってしまいました。おかげでズボンもパンツもびちゃびちゃで・・・まあどうせ濡れるからいいかと言うことで、マスターに出発することを告げると、マスターが「記念になるから写真を撮ろうか」と言うことになり、看板犬のきょんちゃんと一緒に写真を撮っていただきました。Vento号にわんちゃんが座るのははじめてのことなので、とても嬉しくなりました。\(^o^)/マスターとも一緒に写真を撮れればと思ったときには後の祭りでした。残念!!

さあ、雨の中出発です。とりあえずは道の駅ふわりを目指して走り始めました。雨には慣れていたのでルンルンです。あめあめ降れ触れ・・・と歌が聞こえてきそうなくらいにね!!

道の駅ふわりまでは、すぐで、かもめがたくさん飛んでいたのですぐにわかりました。ここで今日の道のりを頭に入れるために地図とにらめっこです。今日どうしても行きたいところは、愛媛県では一番北にあると思われる、大角鼻にある、大角海浜公園。ここには何があるのかわかりませんが、なぜか行きたくて行きたくてたまらない衝動に駆られていた場所です。そしてもう一つは、第2弾で『ラポール宝生苑』の方々と出逢った感動の場所、しまなみ海道の今治入り口です。あの時、私が見えなくなるまで大きく手を振って見送ってくださったラポール宝生苑の方々との想い出を、今一度感じたくて、皆さんが手を振ってくださったその同じ場所で写真が取りたくてぜひ寄りたかったのです。なのでこの2箇所がメインですね。

そして道の駅を出発しようとしたら電話が?!
誰かと思いきや、北条水軍のマスターでした。会員証を忘れいるので今から持っていくので待っててくださいということでした。(^^ゞ
そして来て下さったのは、昨日私と同じく宿泊されていた常連の方でした。わざわざ車で追いかけてくださったのでした。「さっき新聞を見てびっくりしました。頑張ってください」とニッコリと会員証を私に手渡してくださり。そのまま出発されました。雨の中本当にありがとうございました。出発早々のハプニングでしたが、逆にとても嬉しい思い出となりました。

昨日の取材で今日の朝刊には記事を載せていただいたようです。門田さんありがとうございました。

その後も感動が続きます。なんと道の駅にたくさんいたかもめの一羽が私の道先案内をしてくれるかのように約15分間ほど私の前をずーと飛んでいてくれたのです。時々こちらを見ながら、これには感動の余り泣いてしまいました。すっごい幸せでした。こんなことがあるんだな~って。感動!!

また少し進むと車の中から通りすがりに「新聞見ましたよ、頑張ってくださいね!!」と大きな声での声援をいただき、その後も何度も、通りすがりの車の方から「がんばってね!!」、「応援してるからね」と言う励ましを受け、反対車線を通る車からは、クラクションでの応援と、行く先々で、たくさんの応援をいただきました。この感動の嵐は、私の心に暖かい春を感じさせる心地よさでした。

雨の冷たさで両手の感覚は麻痺していたものの、心は春そのものでした。たくさんの応援をありがとうございました。

そして今回の山場に突入です。国道196号線をはずれ、波方環状線に入ります。さすがに国道を離れたとたんに車のりょうが極端に減り、人もほとんどいないという状態で少し、不安になりながらも、大角海浜公園を目指します。地図ではそんなに険しい山道は見当たらなかったのですが、突然現れたのがスプーン急上昇カーブ、短距離で一気に頂上に上がるという車での通行だけを考えたかのような、急坂にもし登れなかったら引き返したらいいかと言う思いで、どこまでいけるのか試してみました。

さすがに一気に上ることは無理でしたが、何度か休憩を挟みながらも急坂を制覇。四国最後の日にふさわしい険しさでした。(^_^)v

そしてようやく大角海浜公園に到着。しかし前方に見える展望台への道のりはさらに険しい急坂でした。まさに壁!!!それこそ車でもきついのではと言うくらいの鬼坂に躊躇したもののやはり四国の総仕上げはここを制覇せずして語れないと思い挑戦することに。

こんな鬼坂登れるのか!という気持ちと絶対に登ってやるという気持ちが火花を散らしながらもいざ挑戦!!

振り返り写真で見ていただければわかると思いますが、何度も休憩しながらも登りきったのです。途中の休憩には細心の注意を払い坂に対して直角になるように止めなければ、ハンドルを止めたとたんに、ズルズルと音を立てながらずり下がっていくのです。心臓バクバクもんでしたが、諦めなければできないことはないと思えるぐらいの自信がつきました。

たぶんこの日は、雨でお客さんもいなかったし、自分のペースで集中力を切らすことなく登れたのが勝因だと思います。これで人がいたら登れなかっただろうなって。ここに来たかったわけがわかったような気がしました。四国最後に、神様が最後の試練を与えてくださったのかなと・・・。とても自信がつきました。本当に感謝ですm(__)mありがとうございました。

展望台からはしまなみ海道が見えています。後はしまなみ海道入り口ですね。大角海浜公園を後に進むうちに道に迷ってしまったのか橋は近くにあるもののそこに行く道がない(・・?

丁度車が近づいてきたので道を聞こうとすると、「新聞読みましたよ、今日の朝刊に載っていましたね」と逆に訪ねられ、驚きと嬉しさで照れてしまいました。その方に橋の方への道を訪ねると、雨が降っているにもかかわらず、わざわざ車から出てくださり丁寧に道を教えてくださったのでした。すると目の前に道はないものの、土手のようなところに水門がありその水門を渡ることができるというのです。さすがに水門があって通れるなんて、地元の方にしかわからない情報だっただけに、偶然通りかかったとはいえ、新聞を見てくださった方にお逢いできたことは、これまたすごいサプライズだなとこれまた感動!!

さらに、その場から去られた後、私が水門の写真を撮っていると先ほどの方が、遠くの方に車を置いてまた雨の中走ってこられたのです。手にはマフラーのようなタオルを持たれて、「これは吸収性に優れたタオルですのでどうぞお持ちになってください」と私にくださったのです。(言葉が違っていたらすいませんm(__)m)身体も冷え切って手の感覚もなかった私でしたので、そのお心使いの暖かさと、そのタオルに残ったほんのりとした温もりに人の心の暖かさを感じました。私は遠慮なくそのタオルをいただき、お礼を言うと、その方はまた来られた道のりを走っていかれました。昔から日本に伝わってきたお接待のお心使い、本当に今自分が生きていることを実感させていただけるありがたい出来事に、ただたた感謝の気持ちがつのります。本当にありがとうございました。私は首にマフラーのように巻き水門を目指しました。それはそれはとても暖かく、その方のお気持ちの分まで暖めていただきました。m(__)m

念願のしまなみ入り口!!
あのときの感動が蘇ります。とても楽しかったラポール宝生苑の方々が手を振って見送ってくださったあのときの雰囲気のままの時間がここにはまだありました。とても懐かしくてしばらくその場を眺めていました。私の初の四国入りと同じく四国入りした皆さん。偶然とはいえ、とてもご縁があったような気がしてなりません。今から島根県入りするのが楽しみです。(^^♪

さて一度通った道を色々と思い出しながら今治店を目指します。今治の県庁までくると本当に四国を一周してきたのだと我ながら不思議な気持ちと成し遂げたという気持ちが次の自信につながります。途中、今治城、サンアビリティーズ今治に足を運んで15:00無事に佐川急便今治店に到着しました。さすがに雨の中と言うことで体は冷え切って、体力も使い果たしてのゴールだったのでなかなか身体が動きません。やはり最後の展望台の鬼坂とその手前の急登り坂がきつかったですね。手も足もガクガクです。(^^ゞ

ふらふらになりながらも、梱包を済ませないと帰れませんと言うことで、いつもなら1時間くらいで梱包できるのですが、さすがに今日は梱包終了が17:15と2時間15分もかかってしまいました。ていうかほんまにぼろぼろでした。身体はね!!でも心は溢れんばかりに満たされてましたよ!!

18:09発の特急はまかぜに乗り帰路に着きました。とりあえず四国制覇で第一幕は燃え尽きたぜ!!と言う第7弾でした。

本日の総距離56.85km
本日正味の走行時間5時間31分50秒
総累計距離1729.30km

覚書:右手小指付け根腱鞘炎、背中左右の筋違い、両脇バラの筋肉痛。

|

« 3月29日(振り返り写真) | トップページ | 3月30日(振り返り写真) »

コメント

四国一周、たいへんお疲れさまでした!一番厳しい季節に、しかも雨に多く降られながらも進み続けた根性にはただ脱毛・・・ちがった、脱帽です。

あと島3つ分ですね!今のよりちょっとだけ大きいのが(笑)。

投稿: うぇる | 2008年4月 2日 (水) 09時19分

うぇるさん
こんばんは。
自分の限界を知るために、真冬の厳しい条件下での旅を強行しましたが、本当に一周してしまいました。後残るは、大きな島が3つです。間に小さな島が入るかもしれませんが・・・頑張りますよ!!

投稿: こぶたろう | 2008年4月 2日 (水) 21時55分

四国は制覇おめでとうございます、天候に振り回されたと思いますが良い思い出と自信につながったと思いますが如何でしょうか?

次なるルートは暑い時期に南下になると思いますが頑張ってください

投稿: うめ | 2008年4月 3日 (木) 17時01分

うめさん
ありがとうございます。
うめさんの言うとおり、天候には振り回されたのですが、逆に悪天候や、さまざまな環境、道路状況での体験ができたことは、今後の旅への参考になり、自信も大幅にアップいたしました。

分割と言う限られた時期での旅なので、暑いから北へとか寒いから南へと言うようなコース取りができないのは残念ですが、これもまた楽しめるのではないかと思っております。ただ、冬は暖かいところをチョイスして行こうと思います。\(^o^)/

投稿: こぶたろう | 2008年4月 3日 (木) 18時40分

お久しぶりです。PC不調からようやくぬけられました。こぶたろうさん四国制覇おめでとうございます。色々な条件や環境の中で、よくがんばりましたね。毎回このブログを読むたびに、元気をもらっています。ありがとう。これからもこぶたろうさんとVENTO号のチームワークでがんばってください。

投稿: guahan | 2008年4月 5日 (土) 07時19分

guahanさん
お久しぶりです。\(^o^)/
いつも応援ありがとうございます。PCが使える状態に戻ったということで、安心致しました。これからもどうぞ、よろしくお願いしますね!!

投稿: こぶたろう | 2008年4月 6日 (日) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月29日(振り返り写真) | トップページ | 3月30日(振り返り写真) »