« 2008年3月15日 | トップページ | 2008年3月19日 »

2008年3月16日 (日)

Myコーストレーニング

今日は、6:00起床。6:30に出発。Vento号のメンテナンス、携帯ポンプ練習を兼ねてコースを走ってきました。前回の見土呂でも走行感は確認できていたのですが、ブレーキの位置ずれや、ハンドルの振れなど未調整で走っていたので、第7弾を前に本格的にメンテナンスすることにしたのでした。そして、見土呂ではバッテリー式の空気入れを持参したのですが、思うように空気が入らないことと、重さの面でそろそろ卒業かなと思っていたのでそれぞれの最終調整ですね。

7:30いつもの河川敷でブレーキ調整、ワイヤーの位置も、元に戻しました。ワイヤーはやはり負担が大きかったので戻したのでした。さらに携帯ポンプの取り付けも行いました。

携帯ポンプは、うめさんお勧めのGIYO携帯ミニポンプと、kotatsuさんお勧めのTOPEAK携帯ポンプゲージ付き。の2種類をそれぞれ練習してきたのでどちらも重宝していたのですが、Vento号の取り付け位置を考えると携帯ミニポンプの長さが、限界の感じだったので携帯ミニポンプを採用しました。

それぞれの特徴、
GIYO携帯ミニポンプは、ゲージがないのである程度感覚で覚えることになるのですが、安価でコンパクトなので、別にゲージを持っていれば何とかなります。Wポンプなので比較的手軽に空気を入れることができます。

TOPIAK携帯ポンプは、ゲージがついているので、大体の目安がつかめます。しかしこちらも別にゲージを持っているほうが良いようです。金額は高めですが、ゲージがついていることと、頑丈なボディであるので耐久性はあるかと思います。

どちらも、10BARまでは、確実に空気が入りますのでとても実用的です。

Vento号の場合、取り付け位置が写真のところぐらいなので位置決めに苦労しました。

10:00にはいつもの頂上に到着。そこでタイヤの空気を抜き、入れれなければ帰れない状態を作りました。ドキドキしながらも空気入れを完了。8.13BARまで入れることができました。これで充電式ポンプを無事に卒業し、携帯ポンプを採用することができました。

これまでは、充電式の空気入れのため、壊れやすいということもあり、毎回充電器、バッテリー、本体をリュックに入れて大事に持ち歩いていたのですが、数kgとリュックの肩紐が肩に食い込んで、持ち運ぶのに苦労していたのでした。充電器は湿気を含むと使えなくなるし・・・。初心者にはとても重宝しますけどね。

帰りの急な下りでハンドルの振れがいつもより大きいことに気付き、ハンドルを見てみると微妙に歪んでいる気がして、帰りにサイドアップさんに直行。お忙しい中、ハンドルの微調整をしてくださり、ギアラインについても詳しく教えていただきました。いつも急なお願いばかりで申し訳ないのですが、いつも本当にありがとうございます。m(__)m

それから、サイクルコンピュータ2号が今回から大活躍でした。久々の距離測定に感動!!いつもの位置にいつものものが・・・。やっぱりあるとないでは大違いです。むっちゃ嬉しいです。(^^♪

12:00無事に帰宅。しかし、両手首、踵の熱の帯び方が尋常でない。しかも身体も火照っているし・・・。明らかに熱がある。(>_<)
激痛をおしての走行は、身体への負担が大きいようです(あたりまえか(^^ゞ)。炎症起こしているのだから熱も出るわなぁ。

でも走っている間は、痛いとか、しんどいとかよりは、楽しいの方が勝っていたのでしっかりと楽しめましたよ。(^^♪
途中五月山入り口で休憩していると、警備の方が、あめちゃんをたくさんくれたり、ソフトクリームを買ったときには、ぺろぺろキャンディをおまけといいながらいただきました。なんか子どもみたいやけど、嬉しかったです。ありがとうございました。\(^o^)/

帰宅後、ぐったりしているもののトレーニング室として使いたかった小部屋を片付けることに、倉庫と化した小部屋は、重たい荷物ばかり、片付け終わったのは18:00でした。実に5時間がかりですっきりと片付けたのでした。ちょっと普通では考えられないのでしょうが、やりたいと思う気持ちって、熱をも超えた気力と行動力を発揮しますね!!

よくよく考えると、3歳くらいの子どものときなんて、熱があっても元気に遊んでいましたもんね。って私だけ(・・?

とまあ、なんやかんやであっという間に一日が終わりました。今日は解熱剤を飲んで寝ます。明日から仕事やしね。

本日の総距離 33.46km
総累計距離  1593.46kmCimg2628Cimg2600 Cimg2611 Cimg2618 Cimg2621_3 Cimg2624_3 Cimg2625_2  

| | コメント (4)

« 2008年3月15日 | トップページ | 2008年3月19日 »