« 2007年12月25日 | トップページ | 2007年12月27日 »

2007年12月26日 (水)

12月23日(振り返り)

6:00起床。外は雨。やっぱり。
ということで昨日の寒さもあったので、下着を2枚にしてカッパを着ることに。
7:00出発。出発とともに雨もやみました。しかし今日は一日中曇りのようで、視界も悪く。周りは左右に山、山、山。しかもむっちゃ近いし・・・。

今日は11号線をひたすら高松に向けて走るのみ。右手首の痛みも継続中でなかなか思うように使えません。しかも、雨上がりは、寒いとはいえ緩やかな上り坂が高松まで続いているようで次第に汗だくとなり、サウナ状態で気持ち悪い。昨日は雨で地図が跡形もなくなってしまったのですが、今日は汗で地図がなくなってしまいそうです。(一日分ずつコースを印刷してもっていたので。

今日は、高松までのコースの予定でしたが、3日目を徳島にしてしまうと、だいぶ手前の徳島空港近くの徳島店しかないため、少し足を伸ばすことを決意。昼過ぎには阿南店を目指すことに決めていました。そこで菅さんに電話をして、阿南店に空箱を運んでいただくように伝えました。雨は降らなかったものの蒸し暑さで汗だく、乾くを繰り返していたせいで体調にも影響が、大分体力を消耗してしまいました。延々と続く上り坂に3箇所の峠越え、さらに今回初となる本格的なトンネル。と新たな試練が目白押しで(^^ゞ

今日の一番の出来事は峠越えをした後の直線の下りかな。瞬間最高時速48kmをマーク。自己最高の38kmを10kmも更新しました。さすがに恐いほど早いですね。でもVento号で約100kgの重さで48kmと言うのは驚異的なスピードだと思いました。ハンドサイクルでもこれぐらいのスピードが出るのだと改めてびっくりでした。この最高時速はこの日だけで3回ほど経験しました。なんといっても見通しの良い直線の下り坂で車が通っていないのが条件ですが・・・。

そういえば、四国はトラックが多いと聞いていましたが、そのうわさは本当でした。しかもトレーラと言うような幅も長さも桁違いと言うトラックが多くてとても車道をVento号で走れるものではありませんでした。

しかし、四国と言う土地柄道路も悪路が多いのかと思いきや、これには感動するくらい道路が整備されており、今治から高松にかけての車道は例えるならレッドカーペットといえば大げさですが、延々とじゅうたんを敷いたような美しい車道は私に感動を与えてくれました。本当に感動でした。あんなに整備された道路は見たことがないくらいです。しかも車道の横には幅の広い歩道、自転車道があり、わざわざ危険を顧みず車道を走らなくても、安全で快適な自転車道が今治から高松まで続いているのですから感動せずにはいられません。しかも歩道といえば、いたるところに段差がありその都度ブレーキをかけて減速をしないとリム打ちでパンクと言う最悪の事態が待っているのですが・・・。
四国全体にいえるのだと思うのですが、歩道に段差がないのです。これまた感動です。

今のところ、今治から阿南市までしか走っていませんが、90%と言っていいほど段差がないつくりになっているのです。素晴らしいことです。四国がとっても好きになりました。これなら車いすの方でもスムーズに歩道を利用することができるし、この歩道を考えた方に感謝いたします。とても嬉しかったです。\(^o^)/m(__)m
(注意:すべてに段差がないというわけではないのであしからず)←快適な気持ちで走れたというウエイトが高かったということです。

香川県に入り、最後の峠を越えたところで、今日の宿を探すことに、汗だくで気持ち悪いしお風呂に入りたくて走っていると、ホテルの看板に目が留まり、ちょうど頃よい距離くらいにあるようで、早速そのホテルに電話。ロイヤルホテルと言う高級感漂う名前にびびりつつも今日の宿をゲット。後はそこを目指すだけ。残すところ10kmと言うことで今日は東かがわ市まで行くことに。夕方から晴れ間が出てきていたので少し日焼けをして顔が熱いが気に留めず、体のだるさもなんのそのということで18:00にはホテルに到着。

結婚式場もあるホテルのようでスーツを着た方しかみかけず、場違いだなと思いつつもVento号ともども部屋に。ホテルの方も快く搬送を手伝ってくれました。部屋の中もやはり広くて綺麗で高級感ありました。しっかりとお風呂で疲れを取って布団に入ることに。さすがに、昨日雨、今日はサウナと言う激しい変化に体がついていけず、熱っぽいので今日は解熱剤を飲んで寝ることに・・・。

本日の総距離106.39km
総累計距離914.57km Cimg1753Cimg1756Cimg1771Cimg1772

 

| | コメント (2)

12月22日(振り返り)

佐川急便今治店は一年で一番忙しい日と言うことでした。「戦場」と言う言葉がぴったりの状況で、こちらまで身が引き締まる思い出、準備をはじめました。なんだか佐川急便さんの社会見学に来ているような感じもありました。一つ一つの大切な荷物をたくさんの方が丁寧に、一つ一つをより分けて行きます。大変な作業だと思います。それでも一人も愚痴を言うことなく、それこそ音楽が流れているようにリズミカルに淡々と進んでいく作業を見ていると、いつも本当にありがとうございますと心の中で感謝の気持ちを伝えていました。いつも丁寧に扱っていただいてありがとうございます。m(__)m

8:30雨の中出発。前回走ってきた道を感じながら進み始めました。
38号線から196号線に入る頃、防水のはずの上着に雨がしみこみ始めた。え~\(◎o◎)/!と驚いているまもなく。やはり完全防水のものではなかった。残念。途中「道の駅今治湯浦」で第一弾で使ったゴアテックス(カッパ)を使うことに。もってきていてよかったです。ギリギリまでカバンに入っていなかったのですが、出発直前にやっぱりもっていこうということでもってきていたのです。

ここでは新居浜にお住まいの方がVento号を珍しいと見に来まして、話をしてるとよい道を知っているよと言うことで11号線を避けて13号線をいった方が近道になるからと教えていただいたので急遽13号線を走ることにしました。今日は雨と寒さと冷たさでグローブがすぐにびちゃびちゃになってしまったこともあったのか、右手首の筋が寒さで緊張の余り痙攣を起こしたみたいで、痛くて使えなくなってしまい。早くもピンチ。前回は肘でしたが今回は手首。一番良く使うところだけに先が思いやられます。

そのまま壬生川新居浜野田線を走ろうと思ったちょうどその時、峠の入り口付近に大型トラックが反対車線に止まっており、運転手さんが雨の中傘もささずに私の前方をふさぐので、どうしたのかと近寄ってみると、運転手さんが「あなたがもしやこの先の峠越えを考えているならと言うことで先に峠の様子を見て折り返してきました」と言うのです。さすがにこの峠をVento号で越えることはできませんよと言うことで、一旦来た道を引き返して峠の緩やかな138号線を抜けることをお勧めします。と言うためだけに雨に中私が来るのを待っていたというのです。当然びしょぬれです。そこまでして私の安否を気遣っていただいたなんて・・・。それを告げると運転手さんは先を急いでいる様子でトラックに乗り込むと颯爽と去っていかれました。いや~かっこいいですね~!!\(^o^)/
でも、先に調べに行ってくださるなんてなかなかできませんよね。運転手さん雨のなか本当にありがとうございました。

11号線に入ったあたりで寒さと、冷たさと、雨の痛さに耐えかねた私は宿を探すことに。グローブを伝わってしみてきた雨のしずくが袖を伝い服の中まで入ってきていてわき腹までびしょぬれで寒い寒い。近くのコンビニで宿を探しているのを見ていた店員さんが、後でみかんをくれたのでした。愛媛県といえばみかん。と言うことで頑張ってくださいねと言う声援とともにありがたくいただきました。ホテルで美味しくいただきましたよ。ご馳走様でした。(^o^)

今日は四国中央市、伊予三島駅の近くのビジネスホテルマイルドの予約が取れたのでそこに向かうことに。途中道を尋ねるために入ったタイヤ屋さんで以前尼崎で働いていたことがあるという方がとても詳しく対応してくれて、地図までかいてくださったのでその地図を頼りにホテルに向かうことに、その地図は完璧で迷うことなくホテルに到着。ホテルの方が総出でVento号を運んでくださり、初めてVento号を縦にしてエレベーターに乗せました。このことでどんなに狭いエレベーターでも大丈夫と言うことがわかったのでホテル選びの幅が広がりました。ホテルの皆さんありがとうございまいた。お風呂に2回もお湯を張って到着時と、寝る前にしっかりと暖まってから23:00布団に入りました。夕食も美味しかったです。ご馳走様。(^o^)

今日は一日雨と言うことで写真は最初の道の駅だけでした。(>_<)残念!!

本日の総距離70.67km
総累計距離808.18kmCimg1745a Cimg1746a

| | コメント (0)

12月21日(振り返り)

今日は第3段の出発です。
六甲アイランドからフェリーで今治に向かう予定。20:00に熱血旅人さんが迎えに来てくださって、フェリー乗り場まで送っていただけるということで、一人でフェリー乗り場に行くのには不安があったのですが、心強い熱血旅人さんのおかげで、とても安心してフェリー場に向かうことができました。熱血旅人さんの暖かいお心使いが車中でも、ひしひしと伝わってとっても暖かかったです。おかげさまで車酔いはありませんでした。21:30にはフェリー場に到着。大型フェリーの乗船は初めてで、手続きもさっぱりでしたが、見よう見まねで何とかクリア。乗船前まで熱血旅人さんが心を和ませてくださいました。本当にありがとうございました。感謝いたいます。30分前に酔い止め薬を飲んで、22:15乗船開始。熱血旅人さんの目頭の熱さを忘れることはありません。本当にありがとうございました。m(__)m

フェリーの中は、豪華客船のような造りで映画で見たことしかないような感じでちょっと嬉しくなりました。サンフラワーというフェリーには昔から乗船してみたかったのですが、その機会がありませんでした。やっぱり大きいですね。私の部屋は8人部屋の2段ベット。なかなか寝心地の良いベットでしたよ。22:45になっても出発しないと思っていたら入港が遅れてたみたいです。結局23:30出港。私は24:00に就寝です。船内は暑いくらいだったので下着でちょうどよい感じ。次に目が覚めたのは、5:00でした。しかし、到着は50分遅れで6:20。しかも、雨です。タクシーでいざ今治店へ。運転手さんもわざわざ雨の日に走らんでも見たいな・・・。7:00少し迷いながらも今治店到着。同時に菅さんから電話です。早朝にもかかわらずお電話下さり「頑張ってくださいね!」と一言。とても元気をいただきました。日本一周初日も雨。雨の日に走ることに躊躇はありません。さて、準備します!!Cimg1738a

| | コメント (0)

« 2007年12月25日 | トップページ | 2007年12月27日 »