« 最後の調整その2 | トップページ | 愛車(ハンドサイクル)名・・・決定!! »

2007年10月 9日 (火)

体調

旅をつづる上で切り離せないのが体調(~_~;)

と言うことで、この日記には日々体調についても更新していくでしょう。最終的に振り返ったときに、どんな体調で旅をしていたのかをじっくり見てみたいので・・・。

現在の体調は、上から右肩内側の腱鞘炎。両手首の腱鞘炎(相変わらず半年目突入です)。両手親指付け根の腱鞘炎(この前、握力検査をしてから痛みが激しい。握力計にも耐えられない親指のようです。超激痛でペットボトルを開けることすらできません)。左わき腹の筋違い(息しにくいぐらい痛い、まともに歩けません)。右腰の腰痛(腰が抜けたような感じ。こちらも原因かな、まともに歩けず)。右足首の捻挫(やはり捻挫は時間がかかりそうです)。と外観的にはこんな感じ。内部的には何十年も連れ添った障害に、日々悪戦苦闘中。なかなか体調管理はできませんね(^^♪(内部は特に調整不可能です)(^^♪

退屈な日記でごめんなさいm(__)m

|

« 最後の調整その2 | トップページ | 愛車(ハンドサイクル)名・・・決定!! »

コメント

『こんなに激痛があっても、なぜ、自転車に乗るのでしょうか。』普通はそう思うのでしょうね。

こぶたろうさんの人生と一緒についてきた、この激痛を、こぶたろうさんはどう感じているのですか。

私は、すごいパワーを感じます。


投稿: guahan | 2007年10月10日 (水) 07時43分

guahanさん
私の人生=激痛を一言で語ることはできませんが・・・
たぶん普通は何でそこまでと思いますよね。(^_^)
答えは「気のおもむくまま」「魂が欲しているから」「身体がぼろぼろでも思いがあれば何でもできると信じれるから」と書き出せばきりがないですね。やりたいと言う思いは、痛みをも超える力を持っているようです。

私にとって激痛は、身体の一部かな(^^♪

投稿: こぶたろう | 2007年10月10日 (水) 22時14分

コメント読み、ふと出産の激痛を思い出しました。陣痛のときは、こんな痛いおもいをしてまでも子どもなんて産みたくないと思いました。しかし、出産後はあの痛みを感じたからこそ、ふたりを愛おしく思いました。今でも出産は激痛があったほうがいいと思います。私は二回だけの激痛ですが、痛みというのも何か意味があるんだと思いました。ちょっと話が違いますね。すみません。

投稿: guahan | 2007年10月11日 (木) 19時33分

guahanさん
とても貴重なコメントをありがとうございます。痛みを命の大切さと重ねて諭していただき、心に
染み渡る思いです。m(__)m

また、痛みを痛みとして感じれることが大切なのだと思います。嬉しい痛み、辛い痛み、痛みもそれぞれですが、どちらの痛みにも感謝ができるようになれば、最終的には、ありがたい痛みなのですね。感じれることに感謝です。(^_^)

投稿: こぶたろう | 2007年10月12日 (金) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の調整その2 | トップページ | 愛車(ハンドサイクル)名・・・決定!! »